skillup

技術ブログ

Java プログラミング全般

設定ファイルの置き場所

投稿日:

一般的にレベルの高いソースとは保守性が高いものを指します。特にWEB系ですと仕様変更がしょっちゅうなので変更があったときにいかに少ない工数で対応できるかが大切です。

保守性をあげる工夫はいろいろありますが、その中の工夫の一つがプログラムの中に具体値を入れないことです。

そのためには設定ファイルなどに具体値をいれて、そこから呼び出すといった処理方法をとるのがよいでしょう。

問題はその設定ファイルをどこに置くか、どのように呼び出せばよいかです。

いろいろ調べていましたが、
System.getProperty(“user.dir”)
はIDEで実行したときはプロジェクトディレクトリの直下を示し、jarで固めた場合はjarファイルと同一のディレクトリを呼び出すことができます。

ここに設定ファイルを置いておき、下記のように呼び出すと設定ファイルをうまく呼び出すことができます。

-Java, プログラミング全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

PCクラッシュ時に備えて

先日、ずっとメインで使っていた会社のノートPCがクラッシュし、再起不能になりました。ファイルなんかはクラウドで管理していたものが多かったので実害はあまりなかったんですが、当然ゼロではありませんでした。 …

no image

プログラミングを習得するときに必要な2つの大事なこと

元々私は塾で仕事をしていましたが、いろいろ紆余曲折ありましていまではWEBエンジニアとして仕事をしております。 エンジニアとしてのキャリアは3年ぐらいなので正直あまりないのですが、開発者と平行してプロ …

no image

オブジェクト指向 アプリケーション層に関して

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日は主にアプリケーション層(以下AP層)。MVCモデルでいうところのコントローラーに近い?)の考え方について。 Contents1 …

no image

コメントについて

リーダブルコード 第5・6章はコメントについて。 今回はコメントです。ここは結構賛否両論になるところではないかと思います。 ざっくり分けると「できるだけコメントは詳しく書くこと」という意見と「コメント …

no image

コードの抽象化

リーダブルコードも終盤に少しずつ近づいてきました。 今まではどちらかというとコードの点や線の技術に注目してきましたが、これからは面的な要素に注目していきます。 リーダブルコードでは「無関係の下位問題を …