skillup

技術ブログ

Java プログラミング全般

設定ファイルの置き場所

投稿日:

一般的にレベルの高いソースとは保守性が高いものを指します。特にWEB系ですと仕様変更がしょっちゅうなので変更があったときにいかに少ない工数で対応できるかが大切です。

保守性をあげる工夫はいろいろありますが、その中の工夫の一つがプログラムの中に具体値を入れないことです。

そのためには設定ファイルなどに具体値をいれて、そこから呼び出すといった処理方法をとるのがよいでしょう。

問題はその設定ファイルをどこに置くか、どのように呼び出せばよいかです。

いろいろ調べていましたが、
System.getProperty(“user.dir”)
はIDEで実行したときはプロジェクトディレクトリの直下を示し、jarで固めた場合はjarファイルと同一のディレクトリを呼び出すことができます。

ここに設定ファイルを置いておき、下記のように呼び出すと設定ファイルをうまく呼び出すことができます。

-Java, プログラミング全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JPAのdetach

このブログで何回か書いてきたんですが、JPAを使うときにpersisit=insert,merge=updateではないです。 参考リンク JPAまとめ JPAでのデータベースとの同期 実はJPAでf …

no image

JSF+ajax

JSFでajaxを使うときにいろいろと調べたのでメモ。 やろうとしたことはWEB上で給与明細の計算をしたくて、プルダウンで月の変更したら自動的に経費が該当月に替わるというシステムです。 ajaxを使う …

no image

日付けのメソッド

どのプログラムでも必須となる日付け処理。 言語が違うといろいろと面倒です。 とりあえず頻出のものを整理したいと思います。 Contents1 現在時刻の出力2 日付けの設定・取得3 日付けの整形4 文 …

no image

JSFを使ったAjax

現在開発中のサブプロジェクトでJSFからAjaxを使う機会があったので紹介します。 仕様自体は非常にシンプルで下記の画面でプルダウンが変更になったときにDBを見に行って画面の値を更新するような仕様です …

no image

変数の役割について

前回のエントリーの主眼は変数を置くことで、適切な情報量に分割し、コードを読みやすくしよう、ということでした。 今回はそれとは少し逆の観点でして、不要な変数を削除して、コードを読みやすくしよう、というこ …