skillup

技術ブログ

Java

Mapの使い方

投稿日:2015年4月29日 更新日:

Javaに限らずプログラミングで最も大切になるのは配列の処理でしょう。

Javaですと、PHPのような連想配列の代わりにMapを使用します。

Mapとは?

ようはkey=>valueの組み合わせですね。PHPだと連想配列として普通に定義できるのですが、多くのプログラミング言語では配列と連想配列をしっかりと区別しており、連想配列というものは存在しません。代わりのオブジェクトを定義します。

Javaの場合ほとんどHashMapを使いますが、入力された値が順番通りに出てくるという利点があることからTreeMapを使うこともあります。この講座では基本的にHashMapを前提にして説明します。

Mapのインスタンス生成

などです。

値の保存

値を保存するにはputを使います。

値の取り出し

キーをもとにしてgetで値を取り出すことができます。

展開

配列の操作をするうえで必ずでてくる格納しているデータをすべて取り出す方法です。

マップはkey->valueの組み合わせをEntryというオブジェクトで定義していることから下記のようなループを使うと便利です。

Listとの組み合わせ

実際の処理で多いのはMapをListに入れた時の処理でしょう。

id  | name          | mail
01 | matsumoto  | aaa@gmail.com
02 | tanaka         | bbb@gmail.com

上記のような形式のデータのループは下記のようにして行います。

配列ループ系は一番出てくる処理なので反射的にかけるレベルにしておきたいですね。

-Java
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

CSVの入出力に関して

業務でCSVの入出力と格闘中。 まあよくある頻出の作業だったりするんですが、自前でやるとなかなか面倒です。 面倒なポイントとしては クオートのエスケープ カンマのエスケープ ヘッダーとの結合 ですかね …

no image

Javaのオブジェクト指向に関して

Contents1 staticメソッド2 アクセス修飾子3 抽象クラス3.1 オーバーライド(親クラスのメソッドを上書きすること)3.2 オーバーロード(同名メソッドを複数もつこと)4 interf …

no image

instanceofとgetClassについて

Javaでの型の判定などに使われるinstance ofとgetClassについてメモしたいと思います。 Contents1 instance of2 getClass instance of A i …

no image

JPAでのデータベースとの同期

このブログでも何回か書いてきたJPAですが、新規レコードをインサートさせた際IDを取得し、そのIDをもとに何らかのキーを作る、そういう処理があったので紹介させていただきます。 何回か書いてますが、JP …

no image

GlassFishでDB接続

JavaEEではアプリケーションサーバーとしてGlassFishを使いますが、先日、GlassFishを通さないとJavaEEでDBが動かせないということを知りました。そのためJavaEEではデータベ …