skillup

技術ブログ

Java

Seleniumでの画面テスト

投稿日:

普段テストはJunitで単体テストを書いていますが、画面からのテストなどは当然チェックできません。

フレームワークだとどうしても内部構造がわからず画面から直接うごかして確認しなくてはいけないようなケースも出てきます。

目視とはいえ、テストデータの取込→入力ぐらいは自動化できているとやはり便利です。

このような画面からのテストの場合、Seleniumを使うことが一般的だと思います。

Firefoxを立ち上げて動かすパターンでもよいですが(SeleniumIDE)、Javaのテストコードから起動して、値をソースから取込、ブラウザを稼働させることができます。

Seleniumのインストール

pom.xmlに下記のように依存関係を定義すればOKです。

注意点としてはバージョンにより結構不安定になるようで、ブラウザのバージョンアップなどには気を付ける必要があるようです。

現状の環境はFirefox38.0.5です。

テストコード

通常のテストコードとJunitを使って同じように記述して構いません。

下記が実際のサンプルです。

@Before,@Afterなどは通常通り使えます。

あとは画面のテキスト文字列を取得するメソッドなどもありますが、おいおい紹介していこうと思います。

また私は画面側をJSFで実装していますが、JSFで注意する点としてはinputのid=”hogehoge”などと設定しても画面に出力されるときは親の要素と結合してでてきます。

<form id=”foo”>
<input id=”hogehoge” ・・・・
</form>

のような場合、画面でみるとinputのidは”foo:hogehoge”になっています。

親要素のidがない場合、jsfが自動ではくidになります。

ちなみに下記リンクを参考にしました。

http://d.hatena.ne.jp/suzukij/20110828/1314549996

 

-Java
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

型情報の取得・活用について

Javaで抽象度の高い実装を行うときに必要となる型情報の活用法について。 できるとできないとでプログラムの応用範囲が変わってくるのでメモっときます。 こちらのエントリーと合わせて読むといいと思います。 …

no image

Messageプロパティの設置方法

JavaEEに限らず、エラーメッセージなどは通常、プログラムの中に書くのではなく、できればエラーメッセージファイルの中で管理するのが望ましいでしょう。 またJSF側の名称の表示なども直接xhtmlの中 …

no image

JavaEEでのURLマッピング

Contents1 URLマッピング1.1 prettyfaces1.2 導入方法1.2.1 pom.xmlの設定1.2.2 pretty-config.xmlの設定1.3 ManagedBeanでの …

no image

型パラメータに関して

Javaでの型パラメータについて書きたいと思います。 Contents1 基本の型パラメータ2 型パラメータの制限(ある型を継承した場合) 基本の型パラメータ Sample.java [crayon- …

no image

例外処理について

Javaの例外処理について書きます。 自分はPHPメインでやってきましたので、この例外についてはうろ覚えでした。 PHPだと例外処理はあるんですが、まああんまり使わなかったり、理解がいい加減でもなんと …