skillup

技術ブログ

Database

mysqlデータのCSV出力

投稿日:

ガチンコ塾のブログでもかいたのですが、行動力が大切だなーと思う今日この頃。

社長が熟練のJavaエンジニアで基本的に聞けば、基本的に解決することが多いのですが、外部の勉強会などにも出て情報収集の必要性があるなーと思っております。

んで、本日まとめたいのはテーブルのCSVエクスポート処理です。

通常のCSV出力

DB環境がローカルにある場合は下記コマンド一発で終了です。

SELECT * INTO OUTFILE ‘CSVのファイルパス’ FIELDS TERMINATED BY ‘,’ FROM テーブル名

基本的には通常のSELECT文と同じです、ただINTO~の部分がつくだけといったかんじです。

リモートDBのCSV出力

リモートだとこうはいきません。

その場合、mysql のオプションである-eを使うことになります。

CSV出力用のsqlを作成

CSVの結果を出力するためのSQLを作成します。

例えばフィールドがid,nameだとして下記のようにします。

この時点で下記のようなコマンドになり、CSV形式でデータを出すことはできます。

sedで整形

MySQLは標準ではタブ区切りでしか、ファイルを出力できないので、あとはこれを置換してやります。

タブをカンマ区切りにするためにsedを使います。

これを一気に組み合わせると、下記のようになります。

ちなみにここを参考にしました。

http://shusatoo.net/db/mysql/mysql-remote-db-result-output-local-csvfile/

やっぱりテキスト処理系の技術(sedなど)は偉大ですねー。

もうちょい勉強せねば・・・

 

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

DBの基礎 テーブルとは

CSSを学習したあとはデータベースの学習などを。 参考図書:「達人に学ぶDB設計指南書」基本的にはこれを読んでいきます。が、現状よくわからないところは飛ばしていきます・・・ Contents1 テーブ …

no image

サブクエリ 移動平均など

前回の応用編です。 日付、入出金、残高はできましたが、ここからさらに、現在のレコードから3行以内(3行あれば3行、なければそれ以内でできるだけ)のレコードの合計値を出す計算を考えます。 結果だけ先に書 …

no image

HAVING句について NULL時の動き

HAVING句のNULLがあった時の挙動にたいしてメモリます。 COUNTの処理 対象上の列数を数えるのにCOUNTを使うと思いますが、COUNT(*)とCOUNT(列名)では動きが若干違っており、前 …

no image

checkboxでの値の管理

formにてcheckboxの値を一つのカラムにいれて管理する機会があったのですが、これ入力更新出会っても検索であっても処理がなかなか厄介です。特に検索の時ですね・・・ 要するに値の候補が1,2,3, …

no image

データベース設計のアンチパターン リトライ+バッチ分割+バッチの再利用不可

Contents1 リトライ1.1 デメリット1.2 対策2 バッチ分割2.1 デメリット2.2 対策3 バッチ再利用不可3.1 デメリット3.2 対策 リトライ ※OLTP=オンライントランザクショ …