skillup

技術ブログ

Java

BeanValidationの動的メッセージ出力について

投稿日:

JSF+ManagedBeanでは基本的にbeanValidationを使ってバリデーションを行い、エラーメッセージなどはプロパティファイルで管理するのが一般的です。

アノテーションなどを付与してあげるとメッセージを動的に変えることはできます。

例えば

「~は必須項目です。」の「~」に関してはアノテーションを入れる際にプロパティを設定してあげればOKです。

が、プロパティではなく、エラーメッセージを動的に変えることはアノテーションの付与のみではできません。

例えば

あるパラメーターに対して2段階のエラーチェックがあり、1番目でひっかかったときと2番目で引っかかったときのエラーメッセージを変えたいときです。

いろいろ、検索したら下記のようにできました。実装部分のみ書いてます。

下記の部分で動的にエラーメッセージを変えられるようです。

リファレンスと情報は↓こちら

http://www.programcreek.com/java-api-examples/index.php?api=javax.validation.ConstraintValidatorContext

https://docs.oracle.com/javaee/7/api/javax/validation/ConstraintValidatorContext.html

まだ仕組みが全然わかってないので、もっと調査の必要がありますね・・

-Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JSFのメッセージのレンダリング

ManagedBeanとJSFでメッセージのやり取りをする場合、直接メッセージを変数として持たせるよりは、JSFの仕組みを通じてメッセージを出力させたほうが適切です。 Contents1 エラーメッセ …

no image

Optionalについて その2

JavaEEブログなはずなのに11月はcakeのことばかり書いていて、Javaのことすら書いていないですね(汗) 今日はOptionalについて書きます。 いまいち使い方がわからなかったんですが、自分 …

no image

pretty-configでのファイルアップロード

先日、こちらのエントリーでpretty-configを使うとファイルのアップロードができない、というエラーが起こっていたのですが、本日社長により解決していただきました。 原因としてはURLがスラッシュ …

no image

JPAまとめ

JPAわけわかんねーと思い、触りはじめてから3か月ぐらいたちます。 いまだに細かい部分はよくわかっていないことは多いのですが、全体像というか何となくどういうものかはわかり始めてきたいのでまとめたいと思 …

no image

新アプリの本番環境デプロイについて

新しく作ったWEBアプリを本番配置しようとしたんですが、何度もやっているはずの処理がいざやろうとするといろいろと手間取ってしまい、1時間近くかかりました。 容量悪いなーと思いつつ、こういった行為はなる …