skillup

技術ブログ

Java

JSFのテンプレート機能

投稿日:

保守性の向上で必要なHTMLの考え方

静的なサイトであっても、動的なサイトであっても保守性を向上させるためにもすべて静的なHTMLファイルで書くのは得策ではありません。

多くのサイトでは

ほぼ決まっている部分

  • ヘッダー
  • 左側のコンテンツ
  • フッター

動的(ページにより変わる)部分

  • 中のコンテンツの部分

に分かれていることが一般的です。

例えばテンプレートのようなものを作り、「決まっている部分」と「中のコンテンツの部分」と分けておき、それを組み合わせることでページを作ります。

JSFでも当然これをサポートするような仕組みがあります。

サンプル

まず下記のような2つのページを表示することを考えます。

ページ1

page_1

ページ2

page_2

ファイル構成

ファイル構成は下記のようになります。

  • ヘッダー header.xhtml
  • サイドバー  left.xhtml
  • フッター footer.xhtml
  • テンプレート newTemplate.xhtml
  • ※アクセスファイル site.xhtml
  • アクセスファイル2 site2.xhtml

※URLで直接見えるファイルのことです。

ソース

実際のソースは下記のようになります。

静的なファイル群

気を付けるべきはui:compositionのタグの中しか読み込まれないので、その前後に書いても出力されません。

その中は通常のHTMLかJSFで定義されているタグを使うことができます。

ヘッダー header.xhtml

 

サイドバー  left.xhtml

 

フッター footer.xhtml

 

テンプレート

もっとも大事な部分になります。

基本的にここでファイルの構成をきめることになりますので、

  • CSSやJSなどの読み込みを行う
  • 静的なページの読み込みは<ui:inclue src=”~”>で行う
  • 動的な部分は<ui:insert name=”~”>で定義しておく

テンプレート newTemplate.xhtml

アクセスファイル

URLから直接呼ばれるファイルです。テンプレートの読み込みと、動的な部分の定義を行います。

ポイントとしては

  • 動的な部分の定義、<ui:define name=”~”>の部分がtemplateのinsertに対応する。(このnameは当然templateのinsertのnameと一緒。)
  • ui:compositonの中のみが読み込まれる。

アクセスファイル site.xhtml

アクセスファイル2 site2.xhtml

また動的な部分をさらに別ファイルにする場合は、site.xhtmlの場合、下記のように書いてもOKです。

なお、headerやfooterなどもページによっては変えることがあると思いますので、その場合はtemplateで<ui:insert>で定義しておき、アクセスポイントで<ui:define>を使います。

Netbeansでの補完機能

Netbeansを使うと、

テンプレートは

右クリック→新規→その他→「JavaServerFaces」→「Faceletsテンプレート」

で作れます。

CSSなんかも適当に作ってくれるのでこれを使えばモックアップ的なものはかなり高速に作れます。

Netbeansはまだまだ無限の可能性を秘めてますね・・・

参考リンク

http://d.hatena.ne.jp/shin/20100712/p1

キャプチャもあって大変わかりやすかったです。

 

-Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JPQLでの算術関数

複雑なJPQLを書いていると、通常のレコードの取り出しだけではなく、合計(SUM)や算出(COUNT)などのいわゆる算術関数を使うことが一般的です。 JPQLでもこれらを通常通り扱うことができます。 …

no image

設定ファイルの置き場所

一般的にレベルの高いソースとは保守性が高いものを指します。特にWEB系ですと仕様変更がしょっちゅうなので変更があったときにいかに少ない工数で対応できるかが大切です。 保守性をあげる工夫はいろいろありま …

no image

JSPでのAjax(dwr使用)

JSPネタ3本目。 Ajaxです。 こちらも独自のライブラリを使うようですね。 drwというものが有名のようです。 Contents1 dwr1.1 pomでの記述1.2 web.xml1.3 dwr …

no image

JPAでのデータベースとの同期

このブログでも何回か書いてきたJPAですが、新規レコードをインサートさせた際IDを取得し、そのIDをもとに何らかのキーを作る、そういう処理があったので紹介させていただきます。 何回か書いてますが、JP …

no image

CSVの保存、文字列としての出力

前回のエントリーではJSfでのCSVダウンロードについて書きましたが、実際にCSVの配列を作る処理について書きます。 CSVのアップロードの時に使ったのと同じCommonsCSVを使います。 Cont …