skillup

技術ブログ

Java

JavaSEでのCDI

投稿日:2015年7月12日 更新日:

以前、JavaSEでもCDIを使ってみたい!と思ったのですが、以前は探し方が悪かったのか情報を見つけ出すことができませんでした。

が、昨日ちょっと検索したらちょっと情報があり、無事実装できたのでメモします。

コンテナの実装

CDIとはこちらのエントリーでも書きましたが、コンテナが必要です。

そのコンテナを登録し、そのうえで走らせればOkです。

Weld

使うコンテナはWeldといわれるライブラリです。

http://weld.cdi-spec.org/

ダウンロード

mavenで管理して、pomに以下の記述をすればOkです。

ソース

これで無事に注入されます。

参考リンク

JavaSE 環境でCDI(Weld)を使う

Java SE環境でCDIを使う(Weld SE)

Weld: Java SE環境でCDI利用

-Java
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

開発環境と本番での設定ファイル変更

開発と本番で設定ファイル自体(web.xmlなど)はわけると思うのですが、以前はわからず、開発のものと本番のものを手動でわけていました。 Javaでどうやってやるかを調べたところ、pomにかなり便利な …

no image

ページャープラグイン dataTable

レコードを一覧表示する上で意外と面倒くさいのがページャーでしょう。 自力で作成してもよいのですが、なかなかこれが面倒だったりします。 また近年ではリンクを踏ませずに、スクロールするだけで表示ができる形 …

no image

JSFのテンプレート機能

Contents1 保守性の向上で必要なHTMLの考え方1.1 サンプル1.2 ファイル構成1.3 ソース1.3.1 静的なファイル群1.3.2 テンプレート1.3.3 アクセスファイル1.4 Net …

no image

GlassFishとTomcatの違い

JavaEEの開発を始めてからは基本的にサーバーとしてGlassFishを使っています。 一般的なJavaのサーバーというとTomcatが有名ではないでしょうか。少なくとも私はTomcatしか知りませ …

no image

persistence.xmlのプロパティについて

JavaEEではデータベースとの設定情報はpersistence.xmlに記述します。 (ユーザー名、パスワード、ポート、driver名、データベース名などの情報はglassfish-resource …