skillup

技術ブログ

Database Java

netbeansのJPQL補助機能

投稿日:

JPAでは基本的に生のSQLではなく、JPQLを使って書きます。

SQLでもタイプミスにイライラさせられることは多いのですが、JPQLはもっとですね・・・爆

そこで使えるのがNetbeansの入力補助機能です。

サービス→データベースから該当するデータベースを選び、JPQL入力欄を出します。

画像は小さいのでクリックしてみてください(汗)

無題

こちらの画面でJPQLを入力していくと、テーブルカラム名に対しては補完してくれますので、これでJPQLが正しいかどうかが判定できます。

注意点としてはエンティティのフィールド名ではなくテーブルのカラム目になります。

テーブルのカラム名とエンティティのフィールド名がずれている場合は注意しましょう。

最近までわざわざコンソールから入力してました・・・もっと早く気付くべきでしたね・・・

-Database, Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

論理設計のアンチパターン その2

今回は論理設計のアンチパターンの続きです。 今までに比べると何も意図がないというものではなく、パフォーマンスを考えて設計されているようなものが多いです。 ただし、中には絶対に許されないタイプのものもあ …

no image

設定ファイルの置き場所

一般的にレベルの高いソースとは保守性が高いものを指します。特にWEB系ですと仕様変更がしょっちゅうなので変更があったときにいかに少ない工数で対応できるかが大切です。 保守性をあげる工夫はいろいろありま …

no image

JPAでのデータベースとの同期

このブログでも何回か書いてきたJPAですが、新規レコードをインサートさせた際IDを取得し、そのIDをもとに何らかのキーを作る、そういう処理があったので紹介させていただきます。 何回か書いてますが、JP …

no image

joinとeager loading

フレームワークでデータをORMがらみでjoinするときのネタ。 自分の場合はLaravel。他のフレームワークでも考え方は通じるものあるかと・・ Contents1 通常のjoin2 ループの中で取得 …

no image

mavenのゴール

以前、pomに依存ライブラリを記述しましたが、コンパイルのときのみクラスパスが通っており、実行時にはクラスパスが通っていない、NoClassDefFoundErrorがでたことがありました。 気づいた …