skillup

技術ブログ

Java

データベース文字コード対策他

投稿日:

JDBC文字化け対策

データベースがutf8以外の文字コードになっていたりして通常通りデータを操作すると化けることが発生。

まあPHPの時だとしょっちゅうだったんですがJPAになってからそういうケースに遭遇していませんでした。

私の場合DBがlatin1になってて、他のデータベースもあるので設定ファイルをこわくて修正できない、なんてケース。

そんなときでもutf8で入れてutf8で見れればいいんですが、JPAではディフォルトではどうやらDBへの接続は接続先の文字コードで参照するようです。(???になっている。ということはlatin1で参照しているということでしょう。)

insertしたら思いっきり化けていました。

下記のように対策したところなんとか無事に対応

URLに接続するときに文字コードを指定してあげればutf8でしっかりとinsertできるようです。

GlassfishのJDBC接続poolのURLで下記のように引数を付けてあげればOKです。

jdbc:mysql://DBのURL:ポート番号/DB名?useUnicode=true&characterEncoding=utf8

参考リンク

http://www.tekboy.net/archives/294

ちなみに以前紹介した文字コード判定のライブラリ(juniversalchardet)なんですが、マルチバイトが一切ないと文字判定ができずnullでエラーになります。

その場合は初期値でutf8などにしておくとよいでしょう。

BigDecimal

Javaでは小数点の切り上げ、切捨て、四捨五入なんかを使うときにBigDecimalを使います。

その使用法に対して。

ソース

参考リンク

CreateQuery

日付がらみの処理をしているときにどうしてもJPQLでわからない処理がでてきており、MySQLを使いたい!となりました。

そんな時はエンティティマネージャーのcreateQueryを使えば大丈夫です。が、いろいろデメリットはあるでしょうね。

対処法的な感じで考えており、いずれはJPQLに直さないとまずいなあと思っております。

ちなみにJPQLのクエリに関して下記リンクに細かくメリット、デメリットが書かれています。

参考リンク

http://d.hatena.ne.jp/hiranasu/20121219/1355936977

jsfのconvertNumber

jsfのconvertNumber(数字の整形のタグ。たとえば100000→100,000にしたいなど)は引数が数字(int型)じゃないと反映されません。

まあNumberとなっているので当たり前でしょうか・・・

-Java
-, ,

執筆者:


  1. yamamoto より:

    せっかくBigDecimalを使っているので、特段の理由がない限りは、BigDecimalのインスタンスで返すように設計してみてくださいな。

  2. matsumoto より:

    アドバイスありがとうございます。

    BigDecimalについてわかっていませんでしたね(汗)。修正しました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JPQLでの算術関数

複雑なJPQLを書いていると、通常のレコードの取り出しだけではなく、合計(SUM)や算出(COUNT)などのいわゆる算術関数を使うことが一般的です。 JPQLでもこれらを通常通り扱うことができます。 …

no image

JSFのプルダウンに関して(イベントをトリガーにする&非ajax)

いろいろと社内アプリを作っていたせいでかなりプルダウンは慣れたとおもったのですが、未知の部分がさらにあったのでまとめます。 Contents1 初期値に値がないとき2 プルダウン変更時に遷移 初期値に …

no image

JSPでのAjax(dwr使用)

JSPネタ3本目。 Ajaxです。 こちらも独自のライブラリを使うようですね。 drwというものが有名のようです。 Contents1 dwr1.1 pomでの記述1.2 web.xml1.3 dwr …

no image

フィールド以外のプロパティをエンティティに持たせる

JPAでは基本的に1テーブル、1クラスです。 このためプロパティは必然的にテーブルのフィールドに対応しています。 ただ、必ずしもプロパティだけでなく、臨時で持たせておきたい、プロパティがあったりします …

no image

テストコードの実装

以前、テストコードの大切さを力説しましたが、実際に書いてみると作業の安心度が全く違います。 やはりメソッド単位での確認やデバッグができるのは非常にありがたいです。また時間がたってもテストコードを見るこ …