skillup

技術ブログ

Database Java

JPQLでの算術関数

投稿日:

複雑なJPQLを書いていると、通常のレコードの取り出しだけではなく、合計(SUM)や算出(COUNT)などのいわゆる算術関数を使うことが一般的です。

JPQLでもこれらを通常通り扱うことができます。

サンプルケースその1

検索結果がSUMやCOUNTなどの数値のみの場合

例えばid とscore(点数)のみのエンティティ(Student.classとします。)があるとし、

これの合計値を求めたい場合下記のように取り出すことができます。

サンプルケースその2他のレコードと一緒に算術式も出す場合

例えば

ある会社の部署(プロパティ id, departmentName)と

社員(id,departmentiId,age)があり、ある部署の社員の年齢の合計を出したいとします。

こちらは少々複雑でDTOというクラスを作ります。

このリレーションに関しては、こちらの記事でも書いてまして、基本的には同じです。

  • エンティティを継承する(エンティティのプロパティをそのまま使える)し、コンストラクタ式を使う
  • 合計値やリレーションのプロパティなど既存のエンティティにないものを持てる

BushoDto

JPQLでのコード

上記のようにすることでO/Rマッパーを使った算術式が使えます。

参考リンク

JPQLで使用可能な算術関数

http://itref.fc2web.com/java/jpa/

http://d.hatena.ne.jp/megascus/20120925/1348575449

JPQLでの算術式のサンプルコード

http://qiita.com/opengl-8080/items/e074330b5f4862d9995f#%E5%90%88%E8%A8%88%E5%80%A4%E3%82%92%E5%8F%96%E5%BE%97%E3%81%99%E3%82%8Bsum

http://qiita.com/opengl-8080/items/6e3e03e4c90cd3d5e211#order-by

 

 

-Database, Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

DBの構造について メモリとHDD

データベースについてまたまた学習中。 覚えておきたいポイントなど。 データを収めておくべき媒体では「記憶コスト(単位金額当たりの容量)」と「アクセス速度」の2つが重要なパラメータ メモリとHDDでは前 …

no image

CASE+HAVING句

今回はCASEとHAVINGを組み合わせて、そこそこの難問を解いていきます。 まず下記のようなテーブル(testresults)があるとします。 student | class | sex | sco …

no image

JSF リダイレクト後のメッセージ&disabled=true

少々細かいですがJSFネタです。 Contents1 リダイレクト後のメッセージ2 h:commandbutton disabled=trueについて リダイレクト後のメッセージ JSFからManag …

no image

sql_modeに関して

開発では動いていたのに本番ではint型のカラムで空白が入らない!みたいなエラーが出て、データベースにデータが入らないことが発覚し、調査をすることに・・・ sql_modeが原因でした・・・ sql_m …

no image

SQLの高速化について&explain

本日はSQLの高速化について。 高速化といってもさまざまなテクがあると思うのですが、代表的な考え方に関して。 Contents1 高速化に関して1.1 index1.2 ディスクアクセスを減らす1.3 …