skillup

技術ブログ

Database Java

JPQLでの算術関数

投稿日:

複雑なJPQLを書いていると、通常のレコードの取り出しだけではなく、合計(SUM)や算出(COUNT)などのいわゆる算術関数を使うことが一般的です。

JPQLでもこれらを通常通り扱うことができます。

サンプルケースその1

検索結果がSUMやCOUNTなどの数値のみの場合

例えばid とscore(点数)のみのエンティティ(Student.classとします。)があるとし、

これの合計値を求めたい場合下記のように取り出すことができます。

サンプルケースその2他のレコードと一緒に算術式も出す場合

例えば

ある会社の部署(プロパティ id, departmentName)と

社員(id,departmentiId,age)があり、ある部署の社員の年齢の合計を出したいとします。

こちらは少々複雑でDTOというクラスを作ります。

このリレーションに関しては、こちらの記事でも書いてまして、基本的には同じです。

  • エンティティを継承する(エンティティのプロパティをそのまま使える)し、コンストラクタ式を使う
  • 合計値やリレーションのプロパティなど既存のエンティティにないものを持てる

BushoDto

JPQLでのコード

上記のようにすることでO/Rマッパーを使った算術式が使えます。

参考リンク

JPQLで使用可能な算術関数

http://itref.fc2web.com/java/jpa/

http://d.hatena.ne.jp/megascus/20120925/1348575449

JPQLでの算術式のサンプルコード

http://qiita.com/opengl-8080/items/e074330b5f4862d9995f#%E5%90%88%E8%A8%88%E5%80%A4%E3%82%92%E5%8F%96%E5%BE%97%E3%81%99%E3%82%8Bsum

http://qiita.com/opengl-8080/items/6e3e03e4c90cd3d5e211#order-by

 

 

-Database, Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JPAまとめ

JPAわけわかんねーと思い、触りはじめてから3か月ぐらいたちます。 いまだに細かい部分はよくわかっていないことは多いのですが、全体像というか何となくどういうものかはわかり始めてきたいのでまとめたいと思 …

no image

アンチパターン データ分身の術+DBの不要な連携+バージョンアップ未テスト

今回のアンチパターンは主にデータ設計に関する部分。 Contents1 同一データの使用1.1 デメリット1.2 対策2 DBの不要な連携2.1 デメリット2.2 対策3 サーバーの移行やバージョンア …

no image

sourceコマンドに関して(Linuxサーバー&MySQL)

Linux上ではコマンドをテキストファイルに記述して、

と入力すると命令を実行してくれます。 シェルスクリプトよりもお手軽に実行できる …

no image

MySQL safe mode

MySQLに関してしっかりパスワードをチェックしていれば問題ありませんが、中にはrootパスワードをわすれた!なんてこともあるでしょう。 そんなときはsafe modeで実行することでrootのパスワ …

no image

あるMapを元にして別のMapを作成

超小ネタ あるMapから別のMapを作る方法です。あるMapをもとに別のMap2を作るときです。 Map<String, String> Map2 = new HashMap<&gt …