skillup

技術ブログ

PHP

PHPでの日付関数の扱い方

投稿日:

このブログの投稿数ももう少しで150近くになりました。

で、9割以上がJavaなんですが、私はPHPのスクールを運営しています(笑)

ということでPHPのスキルを忘れてはいけないということで、今日はちょっとPHPの日付関数の復習なんかをします。

日付関数

Javaと比べるとここら辺の扱いが非常に楽ですね。

まあJavaもライブラリ入れれば問題ないんですけど、PHPだと標準で簡単な関数がいっぱい組み込まれているので、簡単にスクリプトが書けます。

基本的には表示はdate,操作はstrtotimeでいいと思います。

date

timestampを与えて、日付を表示します。

date(“Y-m-d” ,タイムスタンプ)みたいな。

公式のdateの説明 http://php.net/manual/ja/function.date.php

で、タイムスタンプなんてどうやってつくんのさーということころで便利なのがstrtotimeです。

strtotime

ちょっと前まではmktime使ってたんですけど、先輩にそんなもん使うなーといわれ今ではほぼこれ一択です。

このライブラリが結構すごくて引数に直でyyyy/MM/ddを入れたり+1month(1か月後)みたいなのを文字として書けちゃうところです。

公式のstrtotimeの説明 http://php.net/manual/ja/function.strtotime.php

サンプルパターン

現在日付からn日の取得

上記はマイナスをプラスにかえれば当然n日後などになります。

日付の入力はyyyy-MM-ddでもOK

2つの日付の大小を判定する

など

ちなみに今の時間を表記するときはstrtotime(“now”)でOK

2つの日付の差(何日間あるか)を求める

また日付の関数はタイムゾーンが設定されていないと動かないことがあります。
その場合、php.iniをいじればいいのですが、設定ファイルをいじるのが怖い場合は下記のようにプログラムの冒頭部分に書いておけばOKです。

他strtotimeのリンクなど

http://php-beginner.com/function/datetime/strtotime.html

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

cakePHP小ネタ集(Authの複数認証)

最近よく触っているcakePHPの小ネタなど。 Contents1 Authコンポーネント 複数の認証2 自動のdivタグを出力しない3 Cakeでのプルダウン作成 Authコンポーネント 複数の認証 …

no image

Angularでのイベント+改行+echoでのバッファサイズ変更

Contents1 Angularのイベント処理2 Angularでの改行ネタ3 echoでのバッファサイズ変換 Angularのイベント処理 Angularを使っていて楽なのはHTMLタグにインベン …

no image

ロケール情報について

本日、csvファイルを読み込む処理を行っていたんですが、コンソールからコマンドを打つと化けずに、ウェブ上で見ると化けるという現象が発生。 csv,プログラムともに文字コードがutf8で統一していること …

no image

cakePHPでのマイグレーション

開発を続けているとデータベースのカラムの構造が変更するってことはしょっちゅうですが、管理がいい加減だとメンバー間でテーブルの構造が変わっていたり、本番と開発で違ってくるなどのトラブルが続出します。 そ …

no image

PHPでのPDF出力 テーブル

PDFで何かを出力する場合、ほとんどが納品書や請求書などの帳票でしょう。 これらもfpdfで出力することができます。 Contents1 ソース2 サンプル3 参考リンク ソース [crayon-5a …