skillup

技術ブログ

Java

サーブレットのスコープ

投稿日:

JavaEEではスコープアノテーションによって変数のスコープを使い分けられたのですが、サーブレットの場合はプログラムの中で使い分けます。

通常はページ、リクエストとセッション、アプリケーションぐらいでしょうか。ちょっとスコープについて整理しておきましょう。

スコープの範囲

ページ

そのページ単体だけで使われるスコープ。ほかのページとの共有の必要がない場合のみ使われる。最もスコープが狭い。

<c:set>タグなどで設定できる

リクエスト

現在のページと現在のページからフォワード、インクルードされる中で有効。

リダイレクトされると消える。

セッション

セッションの範囲内でBeansを保持する。ユーザーが現在のアプリケーションを保持する間中有効。

わかりやすい例としては買い物かごなど。

アプリケーション

現在のアプリケーションでアクセスしている全ユーザーが共有できる最も広範囲のスコープ

スコープへの変数の格納方法

ページはjsp内のみで有効です。まだ使ったことないんですが(汗)

リクエスト、セッション、アプリケーションについては下記のようにセットしたり、取り出したりします。

残念ながらJSFでよく使うFlashはないようです。便利だったのになぁ・・・

参考リンク

http://www.javaroad.jp/servletjsp/sj_jsp8.htm

http://www.javaroad.jp/servletjsp/sj_servlet4.htm

また上記のスコープの記述に関しては

独習Javaサーバサイド第2版を参考にしました。

-Java
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

BeanUtilsについて

以前このエントリーでも紹介しましたが、BeanUtils、思った以上に使い方が幅広いです。 Contents1 クラスからクラスに2 マップからクラスに3 クラスからマップ4 特定の値の取り出し5 リ …

no image

Optionalについて その1

Streamに続いて、Java8で新搭載された機能がOptional です。 Javaではnullの処理をいちいちしなくてはいけないのがいろいろと面倒ですが、Optionalの機能をうまく使うことで可 …

no image

JavaEEでのURLマッピング

Contents1 URLマッピング1.1 prettyfaces1.2 導入方法1.2.1 pom.xmlの設定1.2.2 pretty-config.xmlの設定1.3 ManagedBeanでの …

no image

型パラメータに関して その2

Javaでオブジェクト指向に基づいたコーディングをするために必須であり、最初の難関だったのが型パラメータでした。 Contents1 型パラメータが必要なケース2 型パラメータの制限3 クラスインスタ …

no image

CIことはじめ

業務でJavaのテキスト変換ツールを作成。 プログラムよりもCIツールを使って他人の環境下で正常に稼動させるためにどうするかの調査に時間かかりましたね。 今回やりたかったことは下記の通りです。いわゆる …