skillup

技術ブログ

Java

サーブレットのスコープ

投稿日:

JavaEEではスコープアノテーションによって変数のスコープを使い分けられたのですが、サーブレットの場合はプログラムの中で使い分けます。

通常はページ、リクエストとセッション、アプリケーションぐらいでしょうか。ちょっとスコープについて整理しておきましょう。

スコープの範囲

ページ

そのページ単体だけで使われるスコープ。ほかのページとの共有の必要がない場合のみ使われる。最もスコープが狭い。

<c:set>タグなどで設定できる

リクエスト

現在のページと現在のページからフォワード、インクルードされる中で有効。

リダイレクトされると消える。

セッション

セッションの範囲内でBeansを保持する。ユーザーが現在のアプリケーションを保持する間中有効。

わかりやすい例としては買い物かごなど。

アプリケーション

現在のアプリケーションでアクセスしている全ユーザーが共有できる最も広範囲のスコープ

スコープへの変数の格納方法

ページはjsp内のみで有効です。まだ使ったことないんですが(汗)

リクエスト、セッション、アプリケーションについては下記のようにセットしたり、取り出したりします。

残念ながらJSFでよく使うFlashはないようです。便利だったのになぁ・・・

参考リンク

http://www.javaroad.jp/servletjsp/sj_jsp8.htm

http://www.javaroad.jp/servletjsp/sj_servlet4.htm

また上記のスコープの記述に関しては

独習Javaサーバサイド第2版を参考にしました。

-Java
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JavaEEのトランザクションに関して

最近あまり触れていないJavaEEのトランザクションについて。 JavaEEの場合、EJB環境では@Statelessを付けることによりトランザクション管理を行うことができます。 [crayon-5b …

no image

JPQLでの算術関数

複雑なJPQLを書いていると、通常のレコードの取り出しだけではなく、合計(SUM)や算出(COUNT)などのいわゆる算術関数を使うことが一般的です。 JPQLでもこれらを通常通り扱うことができます。 …

no image

JPAでのリレーション(アノテーション使用)

JPAでリレーションを管理するとき、最初はアノテーションでやろうとしたんですが、結局やり方がわからずコンストラクタ式をかいて対処してました。 JPAでのリレーションに関して 外部キー制約があるやり方は …

no image

複合コンポーネント

JSFではラベルやテキストといったコンポーネントをグループ化し、一つのまとまりとすることができます。 メリットとしては似たような部分をテンプレート化しておくことで保守性を向上させることができます。 さ …

no image

GlassFishでDB接続

一般的にWEB系の言語で、DBを使う場合、WEBサーバーとDBサーバーは単独に動くことが一般的です。 JavaEEではアプリケーションサーバーとしてGlassFishを使いますが、先日、GlassFi …