skillup

技術ブログ

Database サーバー・ネットワーク

herokuでMySQL

投稿日:

昨日に続き、heroku+MySQLのメモです。

herokuはディフォルトではPostgreSQLですが、アドオンを使うとMySQLも使えるようになります。

使い方ですが、herokuの管理画面でクレジットカードの情報を入力する必要があります。

ただし、MySQL自体は無料で使うことができます。

MySQLの登録方法ですが、管理画面のaddOnの入力欄にClearDB MySQLと入力すればプルダウンで選択候補がでますので、それを選べばOKです。

コマンドラインでも登録できます。

ClearDBを選んだ時点でコマンドラインでheroku configと打つと、下記のようなDatabaseの情報がでてきます。

この情報でログインできますので、MySQLにログインすると通常のDBの操作ができます。

またこのCLEARDB_DATABASE_URL自体が環境変数となっているので、プログラムの中でこの変数を取得すればプログラムないでDBに接続できます。

詳しい情報は下記を参考に。

http://qiita.com/yutaono/items/34bdc9383ce5870e7b8b

小ネタ

herokuのサブドメインは自動的に作られますが、コマンドラインでheroku rename 新URLと打てばサブドメインが変更できます。

 

 

 

-Database, サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

リレーションを含んだテーブルでの副問い合わせ

本日はSQLネタです。 下記のようなテーブル構成があったときとします。 注文ヘッダと注文詳細は(1:N)とします。 ここで、product_id=5を含んだ注文ヘッダーレコードを取り出したいとします。 …

no image

Cakeでのリレーションについて

いまさらながらCakeのリレーションについての復習。 基本から。 Contents1 基本的なリレーション1.1 1対N1.2 N対11.3 動的な紐づけ 基本的なリレーション 下記のようなテーブル構 …

no image

vagrantでの静的ファイルのキャッシュがクリアされない

タイトルのまんまですが、vagrantでapacheを使ってまして、静的ファイルのキャッシュがクリアされないと言う問題が発生しました。 vagrantは結構長い間使ってましたが、今まで素のhtmlを書 …

no image

アンチパターン バインド変数の未使用+直積組み合わせ+データ量爆発+インデックス関連

本日はSQLコーディングに関して。 ここら辺は実際にプログラムを書く際に重要になってくるネタ。 Contents1 バインド変数1.1 デメリット1.2 対策2 直積により組み合わせが爆発する2.1 …

no image

JPQLでの算術関数

複雑なJPQLを書いていると、通常のレコードの取り出しだけではなく、合計(SUM)や算出(COUNT)などのいわゆる算術関数を使うことが一般的です。 JPQLでもこれらを通常通り扱うことができます。 …