skillup

技術ブログ

PHP

composerに関して

投稿日:

Javaではライブラリをpomで管理し、mavenを使うことで一括管理していました。

PHPではcomposerがその役割を担っています。

composer公式ドキュメント

https://kohkimakimoto.github.io/getcomposer.org_doc_jp/doc/01-basic-usage.html

composerのインストール

Windows

https://getcomposer.org/Composer-Setup.exe

からダウンロードし、ウィザードに従えば終了します。

細かい説明は下記リンクを参考に。

参考リンク

http://w.builwing.info/2013/03/04/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB/

Linux

上記コマンドでcommposer.pharがダウンロードされます。

.pharとは圧縮ファイルの一種でJavaでいうjarのようなものらしいです。

使い方

ここで同じディレクトリでcomposer.jsonというファイルを下記のように記述。

ここに依存関係を入れていくことになります。(Javaでいうpomのdependencyに近いです。)

記述がおわったらcomposer installでライブラリをインストールすることができます。

また下記のようなコマンドで読み込ませることもできます。

そうするとライブラリをインストールしはじめ、composer.lockというファイルができます。

composer.lockとは現時点で管理されているバージョンの情報です。

composer.lockがない場合はcomposer updateで最新状態にしてあげましょう。

composer updateはlockの内容を無視し、すべて最新状態にします。

参考リンク

http://qiita.com/niisan-tokyo/items/8cccec88d45f38171c94

http://qiita.com/notona/items/c5a087d8dd446d315e6e

https://kohkimakimoto.github.io/getcomposer.org_doc_jp/doc/01-basic-usage.html

追記

ブログの記事では/user/local/binに置きましたが、必ずしもここではないこともあります。composerはPATHが通っているところに置くべきなので、echo $PATHにてパスの場所を確認しておきましょう。

参考リンク Linuxでのパス

-PHP
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

PHPでのコンソール入力に関して

PHPはほとんどの場合、ブラウザでURLをたたいてWEBサーバーから呼び出されるパターンがほとんどです。 ところが、コンソールから使いたい場合などもあるでしょう。 コンソールから入力する場合、なんらか …

no image

cakePHP3インストール

PHP7に上がりましたが、それ以前にcakeがversion3になっていますね。 いずれはこれでリプレイスをしなくてはいけないので、今日とりあえずインストールしてみました。 原則としてcomposer …

no image

Laravelでのテスト

Laravelを使ってUnitTestをする場合の注意点など。 Contents1 事前準備2 テストデータ作成機能3 実際のテストコード 事前準備 まずはアプリのディレクトリにあるphpunit.x …

no image

PHPでの空白削除に関して

PHPで空白を削除する方法についてメモします。 trimについて 空白を削除する関数といえばtrimが何といっても一番有名でしょう。

no image

PHPで配列の同一性(集合のチェック)

AとBという配列があり、A⊂B つまりは集合のような関係を確かめたいときに下記のようなメソッドを使います。