skillup

技術ブログ

PHP

cakePHP CSVのインポートとエクスポート

投稿日:

本日もcakeネタです。

CSVインポート&エクスポート

CSVのインポートとエクスポートについて。

かなりいろいろなプラグインがあるようですが、一番楽なのはbehaviorを使う手法のようです。

app\Model\Behavior直下に下記ファイルを作成します。

CsvExportBehavior.php

CsvImportBehavior.php

ソースはそれぞれ下記にあります。

参考リンク

http://j-caw.co.jp/blog/?p=299

http://webengineerlife.com/2011/06/16/csv-import/

ソース

https://github.com/pronique/CakePHP-ProUtils-Plugin/blob/master/Model/Behavior/CsvExportBehavior.php

https://github.com/CakeDC/utils/blob/master/Model/Behavior/CsvImportBehavior.php

下記のようなことに注意する必要があります。

エクスポート

  • ダウンロードはテーブルの全データを自動的にダウンロードしてしまう(find(“all”)の記述あり)
  • 検索を入れたい場合はCsvExportBehavior.phpのカスタマイズが必要

インポート

  • csvのフィールド名とデータベースのフィールド名が同じだとそのままインサートされる。。
  • 逆に言うとそうでないものはインサートできないので、CsvImportBehavior.phpのソースをいじるか、beforesaveなどで対応する必要がある。

 

 

 

-PHP
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Laravelのサービスプロバイダ

ミドルウェアやルーティング同様、惰性で使っていたサービスプロバイダについてめも。 Contents1 サービスプロバイダとは2 参考リンク・参考文献 サービスプロバイダとは Laravelでは特定のサ …

no image

ロケール情報について

本日、csvファイルを読み込む処理を行っていたんですが、コンソールからコマンドを打つと化けずに、ウェブ上で見ると化けるという現象が発生。 csv,プログラムともに文字コードがutf8で統一していること …

no image

Basic認証のあるページの情報の取得

ひさびさにPHPネタです。 PHPではWEBページを保存するときにfile_get_contents(url)と書いてあげるとHTMLデータを取得できます。 が、Basic認証などのページは当然fal …

no image

cakePHPでの直SQL

今回はCakePHPにて直のSQLを書く方法を。 cakePHPにて大概の処理はもともと備わっているコマンドでなんとかなりますが、まれに直SQLを書いたほうがらくなこともあります。 書き方その1 [c …

no image

composerでのライブラリ登録

今回はPHPのパッケージ管理ツールであるcomposerへのライブラリ登録を。 Contents1 ライブラリの作成2 packagistへの登録3 呼び出す側3.1 composer.json3.2 …