skillup

技術ブログ

Perl

Perlでの変数、配列、ハッシュに関して ~リファレンスなど~

投稿日:

こちらのブログでプログラミングを教えてるんですけど、プログラミングの基本といえば配列とオブジェクト指向だと思います。

もちろん、これ以外のことも大切ですが、初心者のうちはここを抑えておけばとりあえず何とかプログラムは書けるようになります。

最近はPerlをやることになりましたので、今回はPerlの配列について学習します。※配列といってもハッシュも含みます。

Perlでの変数、配列、ハッシュの定義

基本的な変数、配列、ハッシュの定義の仕方です。

特段解説する必要もないかもしれないですが、Perlでの各データの定義方法です。

リファレンスとデリファレンス

昔はよくわからなかったのがこれです。

リファレンスとはつまり参照のことですね。

データそのものではなく、データを指しているもののことです。

Perlではこれを表現するのに、\をつけるだけで大丈夫です。

出力してみるとわかるんですが、データのタイプ(SCALAR,ARRAY)などの後に、意味不明な番号がかかれていますね。

これがメモリのアドレスを指しているわけです。

また各要素にアクセスする場合は→を使ってアクセスすることができます。

ちなみにここからデータ自体を復元することをデリファレンスといいます。

復元の仕方は上記の通りです。元のデータの演算子を書けばいいだけですね。

無名配列と無名ハッシュ、ハッシュを含んだ配列の定義

実務ではこのリファレンスを使ってデータをやり取りすることが非常におおいですね。

そのため実務でよく出てくる無名配列の定義の仕方や、無名ハッシュなどよく使われるものを下記に書いておきます。

なお、「業務に役立つPerl」を参考にしました。

-Perl
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Perlでのデータベース差分チェックツール

Perlにてデータベースの差分が発生したときに簡単に差分を埋めるためのSQLを書くライブラリがあったので紹介。 ライブラリがない場合、cpan SQL::Translator でまずライブラリをCPA …

no image

Perlの文字コードに関して その2

前回のエントリーでPerlで文字列を扱う場合は内部文字列に変換しなくてはいけないことを学びました。 Contents1 内部文字列を使うわけ2 文字コードの変換 内部文字列を使うわけ ところで何のため …

no image

PerlでのCSV取込+金額のカンマ表示

CSV取込の場合、単純にカンマで区切って配列を取得するだけのロジックを実装すると様々な弊害が起きます。 よく見られるパターンとしては下記のようなケースでしょう。 フィールドの中に、カンマがあった場合、 …

no image

Perlの文字コードに関して その1

Perlの文字コードがらみに関して。 何となくやってきたのですが、せっかくなら整理したいのでまとめておきます。 なおPerl自体は5.8.1以降を前提にしたいと思います。 Contents1 参考資料 …

no image

Perl整形ツール Perl Tidy

PHPでコード整形ツールを使いましたが、Perlでも整形ツールがあったのでちょっとメモ。 Perl::Tidyというモジュールです。 公式 http://perltidy.sourceforge.ne …