skillup

技術ブログ

Git

Gitで差分を見やすく表示する方法

投稿日:

gitの差分確認ですが、デフォルトのコンソールの画面だと下記のようなわかりにくい表示になります。

nonspliete
差分をチェックしたい場合はやはり左右にわけてしっかり見ることができたほうがいいですね。

この実現の仕方ですが、私の知っている範囲だと下記のような方法があります。

方法その1 Gitクライアント&差分チェックツール

windowsの場合、様々なGitクライアントをインストールして使うことができます。

私のおすすめはGit source treeですね。

インストール

https://ja.atlassian.com/software/sourcetree/overview/

source treeの使い方

http://qiita.com/icoxfog417/items/a650768dfc91b0f0df05

これだけでもかなり使いやすくなっていますが、ホームディレクトリにある.gitconfigに下記の設定を追加することで、(C:\Users\ユーザー名\.gitconfig)有名な差分ツールであるwinmergeを使うことができます。

この後、SourceTreeで、ツール→オプション→Diff→外部Diff / マージ→外部DiffツールでWinMergeを選びます。

sourcetreeで適当に差分が発生しているファイルを選び、「外部Diff」をクリックしてあげれば下記のようにwinmergeでわかりやすく、差分をチェックできます。

SnapCrab_NoName_2016-1-4_21-0-42_No-00

http://qiita.com/kyanro@github/items/2d7279c3c0ec1b28a12c

http://tigawa.github.io/blog/2014/02/12/difftool/

方法その2 redmine&Github

redmineやGithubといったGitのツールを使うことで左右に開いたわかりやすい差分のチェックができます。

方法その3 Linuxでの差分チェック

vagrantを使っていたり、リモートなんだけどredmineなどで差分がチェックできないときはLinuxで差分をチェックする必要があります。

Linuxの場合、vimdiffというコマンドでファイルの差分をチェックできます。

コマンドを書こうかと思いましたが、下記のブログが非常にわかりやすいので、リスペクトの意味も込めてリンクをはります。

http://sgry.jp/blog/2014/11/24/1811/

これで以下のようにわかりやすくgitの差分をチェックできます。

split

-Git

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Gitのブランチについて

ちょっといろいろと触っているGitに関して。 前回は作業ディレクトリ、インデックス、コミットについて説明したのですが、今回はブランチについて行います。 Contents1 ブランチとは?2 ブランチに …

no image

JSリンク集+git ブランチ指定 clone

現状の私の課題としてUIに対する意識が甘いということが上げられます。 大昔のサイトで使っているようなわかりにくいUIをそのまま使っているんですよね。 UIといってもいろいろな要素が必要となってきますが …

no image

git reset vs git checkout

gitの小ネタです。 現状のソースから履歴をもどしたいときgit resetとgit checkoutがあると思います。 いまいち、違いがわかりませんでしたが、 git resetはファイル単位でなく …

no image

最新版のgitをソースから&git diffおさらい

Contents1 gitをソースから2 git diff gitをソースから gitはyumから入れてもいいんですが、バージョンが古かったりすると機能がいろいろと制限されるなどのデメリットもあります …

no image

Gitデタッチ、インデックス、プッシュなど

まとまってませんが、Gitであったトラブルについてのメモです。 Contents1 デタッチ状態2 インデックス一覧&削除2.1 インデックスの一覧2.2 インデックスから取り除くとき3 git pu …