skillup

技術ブログ

PHP

php5.6のインストール+cake3でのbake

投稿日:

cake3を動かしたい場合、PHP5.4以上でないと動きません。

2016年1月現在、CentOS6でyumでPHPをインストールする場合、php5.3ですので、5.4以上を入れる場合、別のリポジトリから引っ張ってくる必要があります。

もちろんPHP7でもいいのですが、新しいバージョンの場合、いろいろとリスクもあり、まだまだ5.Xを使いたいという方もいるでしょう。

今回PHP5.6をインストールする場合についてメモしておきます。

既存のPHPのアンインストール

すでにphp5.6よりも下位のバージョンが入っている場合はアンインストールしましょう。

http://qiita.com/ykyk1218/items/c859870ef8dac79f5e1c

PHP5.6以上のインストール

まずはepelとremiのリポジトリを追加します。

下記コマンドでphp5.6がでていればOKです。

下記コマンドでインストールを行います。

php -vで5.6系がインストールされていればOKです。

参考リンク

http://qiita.com/pakiln/items/645e8a97cde46b59f9f8

http://weblabo.oscasierra.net/centos7-php56-install/

cake3でのbake

近年のフレームワークでは最初からコードを書いていくのではなく、一覧、新規追加、編集、削除といった基本機能のコード自動生成機能がある場合が普通です。

cakeにももちろんありまして、cake3に関しては新しい仕様ということもあり、これを使ってコードを生成するほうが楽でしょう。

binディレクトリの中に入り、

と打つとMVCの基本的なソースができています。

-PHP
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

CakePHP3系でのテスト処理

以前CakePHP2系のテストは書きましたが、3系は若干仕様が違いますので、3について書こうと思います。例によってエントリーレベルですが。 Contents1 準備1.1 phpunit1.2 テスト …

no image

PHPのオートローディング

大規模開発では扱うファイルが増えるため、必要なクラスの読み込みが煩雑になるケースが多いです。 Contents1 従来のPHPのファイルのロード2 オートローディングとは3 サンプルソース4 メモ5 …

no image

ob_startを使ったバッファリング出力

先日var_dumpの結果をログに出力したいときに検索すると下記のようなコードを書けばよいということがわかりました。

ob_start …

no image

CakePHP2系でのテスト処理

cakePHP2系でのテストの処理について。 PHPでのテストといえばphpunitが有名かと思います。cakePHPでも標準でphpunitがはいっており、ユニットテストを行うことができます。 Co …

no image

phing

今までphpunit,phpmd,phpcodesniffer,phpdocumentなどのツールをいろいろと試してきますが、個別に動かしていると大変面倒ですので、これを一気に行えるライブラリがありま …