skillup

技術ブログ

Database Java

JPAでの多対多のリレーション

投稿日:

以前、このエントリーでJPAのリレーションについて説明しました。

今回は多対多について説明します。

テーブル構成

CDとアーティストが多対多で紐づているとします。

ER図で下記のようになっているとします。

sample

ソース

CDのエンティティ

Artistのエンティティ

この場合Artist側が所有者になり、被所有者側のCdにはmappedByが付加されます。

両方にmappedByを書くと適切な結果が得られないようです。

データベースにアクセスするソース

Mainのソース

参考図書

Beginning Java EE 6~GlassFish 3で始めるエンタープライズJava

http://www.amazon.co.jp/dp/4798124605

この本のP108~112を参考にしました。

-Database, Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

アンチパターン データ分身の術+DBの不要な連携+バージョンアップ未テスト

今回のアンチパターンは主にデータ設計に関する部分。 Contents1 同一データの使用1.1 デメリット1.2 対策2 DBの不要な連携2.1 デメリット2.2 対策3 サーバーの移行やバージョンア …

no image

例外処理について その2

以前、「例外処理について」で例外処理について記述をしたんですが、漠然としていたのともう1回まとめなおしたかったため、メモしておきます。 Contents1 例外とは?2 例外のクラス分け2.1 Thr …

no image

CSVの保存、文字列としての出力

前回のエントリーではJSfでのCSVダウンロードについて書きましたが、実際にCSVの配列を作る処理について書きます。 CSVのアップロードの時に使ったのと同じCommonsCSVを使います。 Cont …

no image

集合としてのSQL

今まで何度かSQLが集合ということを扱ってきました。 今回はそれがよくわかる例を。 実務ではあまりないと思うのですが、集合をイメージしやすい例題として、2つのテーブルが全く同じケースを考えます。 下記 …

no image

mavenのリモートリポジトリについて

JPAでO/Rマッパーに慣れてからというもの通常のSQLをごりごり書くのが億劫になってきました。 億劫というかいろいろとリスクがありますね。 問題点としてはコンパイルするときにエラーが検知できなかった …