skillup

技術ブログ

PHP

mb_convert_kanaによる半角濁点の処理

投稿日:

PHPネタです。

濁点を処理するときに、カナ本体と濁点が分離していることが多々あります。

一般的には濁点と文字自体を混合させるケースのほうが多いので統一する必要性があるでしょう。

これを1文字にまとめる処理がmb_convert_kanaです。

この関数は文字列、変換パターン、文字コードを書くことにより、

  • 半角→全角
  • 全角→半角
  • かたかな→ひらがな
  • ひらがな→かたかな

などの変換を自由に行うことができます。

半角全角の対象になるのはカタカナだけでなく、スペースや英数字なども扱えます。

半角カナと濁点の場合、下記のようになります。

参考リンク

http://php.net/manual/ja/function.mb-convert-kana.php

http://www.php-ref.com/bapi/04_mb_convert_kana.html

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

call_user_funcについて

call_user_funcについて。 call_user_funcはメソッドを動的に呼ぶことができるメソッドの1つで、コールバック関数を使いたいときに使われます。JavaScriptでは比較的多いと …

no image

cake3でのバッチスクリプト

以前、cakeでのバッチをこちらのエントリーで書きましたが、今回は3系でのバッチの書き方について。 といってもほとんど同じですが・・・ Contents1 ディレクトリ2 ソース ディレクトリ src …

no image

Basic認証のあるページの情報の取得

ひさびさにPHPネタです。 PHPではWEBページを保存するときにfile_get_contents(url)と書いてあげるとHTMLデータを取得できます。 が、Basic認証などのページは当然fal …

no image

キャッシュについて(主にmemcachedを中心に)

Webサービスのパフォーマンス向上で目に見えて効果があることの一つがDBへのアクセス回数を減らすことです。 それはSQLを発行する回数を少なくするなど、普段からのプログラムの書き方ももちろん大事なので …

no image

Cakeでのリレーションについて

いまさらながらCakeのリレーションについての復習。 基本から。 Contents1 基本的なリレーション1.1 1対N1.2 N対11.3 動的な紐づけ 基本的なリレーション 下記のようなテーブル構 …