skillup

技術ブログ

Database

リレーションを含んだテーブルでの副問い合わせ

投稿日:

本日はSQLネタです。

下記のようなテーブル構成があったときとします。

注文ヘッダと注文詳細は(1:N)とします。

ここで、product_id=5を含んだ注文ヘッダーレコードを取り出したいとします。

table

この場合、

とやってはいけません。

上記のようなSQLを発行するとJOINされた結果全てがでてきます。

本来1行の答えが返ってくる場合、3行分の注文ヘッダーテーブルがでてきてしまいます。

こんな時には副問い合わせを使い、下記のように記述すると1行分の答えを取り出すことができます。

参考リンク

http://www.pursue.ne.jp/jouhousyo/SQLDoc/select20.html

 

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Cakeでのリレーションについて

いまさらながらCakeのリレーションについての復習。 基本から。 Contents1 基本的なリレーション1.1 1対N1.2 N対11.3 動的な紐づけ 基本的なリレーション 下記のようなテーブル構 …

no image

サブクエリ 分析関数の代替案として

今回は分析関数系のネタです。 以前にも分析関数を少し学習しましたがMySQLにはないので、サブクエリを使い書くことになります。 下記のような入出金講座があるとします。 Accounts prc_dat …

no image

HAVING句について

本日はHAVINGについて。 かろうじて用法はしっており、たまに使うこともありますが、あまりしっかり理解しているとはいえない状況ですので、掘り下げてみようと思います。 WHEREとは違い、抽出した結果 …

no image

日付がらみの処理に関して(MySQL&Java)

MySQL触りだして3年ぐらいたつんですがいまだに整理できないことが多いです。(特に日付がらみ) ちょっとJavaのネタと合わせて整理しておこうかなーと思います。 Contents1 MySQLの日付 …

no image

ユニークキーの設定

MySQLでのユニークキーの設定に関して。 ユニークキーの設定は下記の通り。

ユニークキーを作成した後に確認するのは下記コマンドで。 …