skillup

技術ブログ

Database

リレーションを含んだテーブルでの副問い合わせ

投稿日:

本日はSQLネタです。

下記のようなテーブル構成があったときとします。

注文ヘッダと注文詳細は(1:N)とします。

ここで、product_id=5を含んだ注文ヘッダーレコードを取り出したいとします。

table

この場合、

とやってはいけません。

上記のようなSQLを発行するとJOINされた結果全てがでてきます。

本来1行の答えが返ってくる場合、3行分の注文ヘッダーテーブルがでてきてしまいます。

こんな時には副問い合わせを使い、下記のように記述すると1行分の答えを取り出すことができます。

参考リンク

http://www.pursue.ne.jp/jouhousyo/SQLDoc/select20.html

 

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JPAを使用する  JavaSE編

現在の開発ではデータベースへの接続ではJPAを使っています。このJPAがなかなか曲者でいろいろと詰まることがありましたので解説させていただきます。 Contents1 JPAとは?1.1 メリット1. …

no image

SQL基礎 条件式はunionよりもcaseで

複雑な条件式があったときにcase式を使うことでパフォーマンスを向上させることができます。 ※一般にunionを使うよりも高速なことが多い。 例1 ある条件により別の列を使いたいとき、 [crayon …

no image

SQL基礎 結合に関して

SQL実践入門を読んで勉強しておりますが、本日は結合に関して。 Contents1 クロス結合2 内部結合3 外部結合4 結合のアルゴリズムとパフォーマンス4.1 NestedLoops4.2 Has …

no image

論理設計のグレーノウハウ サロゲートキー

前回まではアンチパターンやバッドノウハウについて学習してきましたが、今回はグレーノウハウについて特集します。 グレーノウハウとは読んで字のごとくホワイトともブラックとも言えないという手法ですね。 つま …

no image

MySQLでtext型が大量にあるもののリストア 

MySQLでのリストアについて。 先日実務でtext型のカラムが複数あるテーブルを読もうとしたら下記エラーがでてこけました。

なにやら …