skillup

技術ブログ

Git

git stash ~一時的な内容の保存~

投稿日:

gitでコミットせずに、作業を保存したいときがあるとおもいます。

例えばあるブランチで作業していて、実は今の作業内容が別のブランチでの反映が必要になったときなどです。

gitはブランチの切り替え(git checkout)を使うと、コミットしていない保存内容は全て消えてしまいます。

そのため、コミットしなければある作業内容を移行することはできません。

そんなときに一時的に作業を保存することができればとても便利ですね。

そんな時に使えるのがgit stashです。

作業の保存

保存方法はとても簡単で現状のブランチで作業中にgit stashと打ちます。(この時点で保存され、下記のようなメッセージが出力されます。)

Saved working directory and index state WIP on ブランチ名: リビジョン コメント
HEAD is now at リビジョン番号 コメント

内容の確認

git stash listで保存データの日にちなどを見ることができます。

git show -pで具体的なソースの内容を見ることができます。

stashの内容を現ブランチに吐き出す

この後、ブランチを切り替えましょう。

git stash popで保存されていた内容が現ブランチに吐き出されます。一時領域に保存されていたstashは消滅します。(git stash applyでもいけます。その場合はstashの内容が一時領域から消滅しないようです。)

 

-Git
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JSリンク集+git ブランチ指定 clone

現状の私の課題としてUIに対する意識が甘いということが上げられます。 大昔のサイトで使っているようなわかりにくいUIをそのまま使っているんですよね。 UIといってもいろいろな要素が必要となってきますが …

no image

Gitでのbranch 新ブランチの作成&リモート反映&別環境反映

gitを使っているとわけのわからないことは多いのですが(爆)、その中の1つがbranch(ブランチ)でしょう。 これも説明をきいてもわからないのですが、自分でそのケースを学習してみればすぐにわかると思 …

no image

gitのfetch/merge/rebaseについて その2

以前、gitのfetch/mergeについての記事を書きましたが、理論的なことは書いてあっても実際に処理の流れをかいていなかったので、今回はそのことについてメモリます。 Contents1 競合が起き …

no image

git reset vs git checkout

gitの小ネタです。 現状のソースから履歴をもどしたいときgit resetとgit checkoutがあると思います。 いまいち、違いがわかりませんでしたが、 git resetはファイル単位でなく …

no image

gulpに関して

gulpに関しての復習と色々と間違っていたところもあるのでまとめ。 ちなみに以前書いた記事は下記 gulpインストールとタスクの実行 Contents1 インストール2 タスクの実行3 npxコマンド …