skillup

技術ブログ

JavaScript

JavaScriptでの時計作成

投稿日:

今回はWebアプリで1秒ごとに更新されるデジタル時計の作成方法について。

基本的には

  1. 現在時刻を秒まで含めて表示
  2. その関数を一秒ごとに更新

でOKです。

ネットにどんぴしゃりのサンプルが落ちていたのでコピペします。現在時刻を表示し、1秒ごとに更新する処理も同時に書いてしまいます。

http://on-ze.com/archives/788

まあJavaScriptはいろいろとライブラリが不足しており、現在時刻をとるとかもすぐにはできず、通常だと上記のような処理が必要になります。

ところが以前紹介したsugar.jsというライブラリを読み込ませれば日付の表記が非常に簡単になるので以下のような書き方でOKです。

このライブラリかなり使ってましていろんなところで役立ちますので大変おすすめです。

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

webpackについて再履修2

以前やったこの記事への追記的な意味で。 webpackについて再履修 Contents1 webpack-cli2 gulp-webpackは非推奨3 devtoolでデバッグ可能 webpack-c …

no image

requirejsでのモジュール読み込み

JavaScriptのモジュール化では2019年5月現在ではwebpackなどを使うことが一般的かと思いますが、以前はrequire.jsなどというライブラリがあったようです。 例えば下記のようなファ …

no image

PHP(DBアクセス)→HTML→Angularを実行するために

AngularJSでデータベースをつかうときには$httpや$resourceを使うことが多いですが、それ以前にAngularを読み込んでデータベースにアクセスしないことも重要かと思っています。 とい …

no image

AngularJSでのHtmlFormオプション+Filter

AngularJSにてHTMLのFormオプションの書き方など。 Contents1 HTMLオプション1.1 プルダウン1.1.1 配列型1.1.2 ラベル型1.2 チェックボックス1.3 ラジオ1 …

no image

横からスクロール sidrの使い方

携帯サイトの場合、端末のサイズが小さいため、メニューなどはどう縮めてもやはり圧迫してしまいます。 そんなとき、クリックさせてスクロールさせるタイプであれば、場所が狭いことが気になりません。本日はそんな …