skillup

技術ブログ

JavaScript

JavaScriptでの時計作成

投稿日:

今回はWebアプリで1秒ごとに更新されるデジタル時計の作成方法について。

基本的には

  1. 現在時刻を秒まで含めて表示
  2. その関数を一秒ごとに更新

でOKです。

ネットにどんぴしゃりのサンプルが落ちていたのでコピペします。現在時刻を表示し、1秒ごとに更新する処理も同時に書いてしまいます。

http://on-ze.com/archives/788

まあJavaScriptはいろいろとライブラリが不足しており、現在時刻をとるとかもすぐにはできず、通常だと上記のような処理が必要になります。

ところが以前紹介したsugar.jsというライブラリを読み込ませれば日付の表記が非常に簡単になるので以下のような書き方でOKです。

このライブラリかなり使ってましていろんなところで役立ちますので大変おすすめです。

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

無限スクロールプラグイン infinite scroll

無限スクロールのプラグインについていろいろ調べてきましたが、今回はテーブル形式でなく、通常の無限スクロールができるもの(イメージとしてはtwitterっぽい遷移。) infinte scroollとい …

no image

timepickerについて

日付を入力するときに直接、文字入力するのがメンドイことからカレンダーが表示されるプラグインを使っている人は多いでしょう。 私も日頃Datepickerというライブラリを使っています。が、このプラグイン …

no image

Angular概論 モジュール、コントローラー、スコープなど

Contents1 Angularインストール2 ソース2.1 モジュール、スコープとコントローラ2.1.1  モジュールとは2.1.2 コントローラーとは2.1.3 スコープとは3 参考リンク An …

no image

JavaScriptのコールバック関数について

Angularをやるうえで前提となるJavaScriptの知識を書いていこうかと。 関数を変数として扱い、別の関数の引数にできる JavaScriptの特徴の1つとして関数を変数のように扱えるというの …

no image

Angularでのfilter

今回はAnuglarでよく使うfilterという機能です。 使いどころとしては入力フォームに対応させて表示項目を絞る、みたいな使い方が一般的かと思います。 一番簡単なものとしては配列があり、入力値にあ …