skillup

技術ブログ

プログラミング全般

データ構造の基礎知識 前編 メモリとポインタ、配列と連結リスト

投稿日:

WEB+DB(vol91)で使えそうな連載記事がありますのでブログにメモリます。

テーマはデータ構造です。

データ構造とは?

主にハッシュと配列。

  • 配列:データを順番に入れる
  • ハッシュ:ラベルにより検索できるがデータの順番は通常保持されない

計算量

コンピューターが行わなければいけない計算の量

プログラムとメモリ

通常プログラムではデータをメモリ(データを置く場所)におく。

ポインタはメモリの番地を指し示すもの(参照なのでデータ自体は入っていない)が入っている。

配列について

配列の宣言

  • 要素分のアドレスが連続した領域に確保される
  • その領域の先頭のアドレスが変数に保存される

メリット

要素が連続して並んでいることと、変数のサイズがわかっていれば、アドレスがわかればその場所をすぐに特定できるため、計算量が少ない

デメリット

逆に要素数の増減に弱い。要素数5→6にしようと思ったときにすぐに増やせない(5番目のメモリの隣がすでに使われていることがあるため、確保できない。)6個分の値がコピーできる領域を探して、一度コピーする必要がある

配列の欠点を補うべくして連結リストが生まれた。

連結リストについて

配列と同じデータ群だが、4つのアドレスが連続している必要はなく、自分自身の値と、次の値の参照だけをもつ

メリット

次の値の参照を持っているので、値の増減が楽。

デメリット

任意のアドレスに飛ぶ場合、各アドレスがばらばらに配置されているため、リストの要素に応じた時間がかかってしまう(100個あった場合、98番目を探したりするのが大変)

ここらへんはWEB+DBの図を見るのがわかりやすいかも.

オーダー記法

アルゴリズムの計算量を測る方法

  • O(1) データ量が増えても変わらない
  • O(logn) データが増えても計算量はゆっくりとしか増えない。数学のlog
  • O(n) データ量に正比例して増える
  • O(n^2) データ量の2乗になる

JavaでいうとArrayListは配列の要素があるのでアクセスに強い

中央部のデータの増減に関してはO(n)になる一方、検索に対してはO(1)

逆にLinkedListは参照なのでデータの増減に対してはO(1)になる一方、検索はO(n)になる。

下記のリンクがわかりやすい

http://d.hatena.ne.jp/syttru/20080406/1207499238

-プログラミング全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

オブジェクト指向 値オブジェクトの活用と場合分けに関して

オブジェクト指向 その1 オブジェクト指向 その2 オブジェクト指向 その3 でオブジェクト指向に触れたんですが、基本から勉強しなおす必要があると思い、まとめ&追記 参考文献 現場で役に立つシステム設 …

no image

オブジェクト指向について その3

今回は場合分けによる変更コストとオブジェクト指向のメリットについてです。 例えば給付金が発生して、その金額を死亡時、退職時、通常時で場合分けするとき、if-elseで書けば下記のようになります。 [c …

no image

調査スキルについて

本日は実務でとても大切な不具合の発見方法について 通常のプログラマとして仕事をしておりますと、通常の実装よりは不具合時の調査のほうが難しいことが多々あります。 もちろんものによるんですが、経験のある人 …

no image

命名規則について その2

リーダブルコードネタ第3段。 前回のエントリーに引き続き、名称の大切さについて Contents1 あいまいな名前はNG!1.1 限界値はmaxかminを使う1.2 範囲を指定するときはfirstとl …

no image

オブジェクト指向 ドメインモデル

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日は主にドメインモデルの考え方について。 Contents1 ドメインモデルの考え方1.1 要点1.2 感想 ドメインモデルの考え …