skillup

技術ブログ

プログラミング全般

データ構造の基礎知識 前編 メモリとポインタ、配列と連結リスト

投稿日:

WEB+DB(vol91)で使えそうな連載記事がありますのでブログにメモリます。

テーマはデータ構造です。

データ構造とは?

主にハッシュと配列。

  • 配列:データを順番に入れる
  • ハッシュ:ラベルにより検索できるがデータの順番は通常保持されない

計算量

コンピューターが行わなければいけない計算の量

プログラムとメモリ

通常プログラムではデータをメモリ(データを置く場所)におく。

ポインタはメモリの番地を指し示すもの(参照なのでデータ自体は入っていない)が入っている。

配列について

配列の宣言

  • 要素分のアドレスが連続した領域に確保される
  • その領域の先頭のアドレスが変数に保存される

メリット

要素が連続して並んでいることと、変数のサイズがわかっていれば、アドレスがわかればその場所をすぐに特定できるため、計算量が少ない

デメリット

逆に要素数の増減に弱い。要素数5→6にしようと思ったときにすぐに増やせない(5番目のメモリの隣がすでに使われていることがあるため、確保できない。)6個分の値がコピーできる領域を探して、一度コピーする必要がある

配列の欠点を補うべくして連結リストが生まれた。

連結リストについて

配列と同じデータ群だが、4つのアドレスが連続している必要はなく、自分自身の値と、次の値の参照だけをもつ

メリット

次の値の参照を持っているので、値の増減が楽。

デメリット

任意のアドレスに飛ぶ場合、各アドレスがばらばらに配置されているため、リストの要素に応じた時間がかかってしまう(100個あった場合、98番目を探したりするのが大変)

ここらへんはWEB+DBの図を見るのがわかりやすいかも.

オーダー記法

アルゴリズムの計算量を測る方法

  • O(1) データ量が増えても変わらない
  • O(logn) データが増えても計算量はゆっくりとしか増えない。数学のlog
  • O(n) データ量に正比例して増える
  • O(n^2) データ量の2乗になる

JavaでいうとArrayListは配列の要素があるのでアクセスに強い

中央部のデータの増減に関してはO(n)になる一方、検索に対してはO(1)

逆にLinkedListは参照なのでデータの増減に対してはO(1)になる一方、検索はO(n)になる。

下記のリンクがわかりやすい

http://d.hatena.ne.jp/syttru/20080406/1207499238

-プログラミング全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

オブジェクト指向について その2

前回のエントリーのように、データとロジックを一体で考えるのは、処理状の有効性のみならず、よりユーザー側に近い処理をかくということにもつながります。 日付の問題に関してもintやshortよりはLoca …

no image

オブジェクト指向について その1

ちょっと最近、仕事でソースの書き方がいい加減になってきたのでオブジェクト指向について考え方を再確認しようと思います。 参考文献 SoftWareDesign 2015年9月号 何も考えずにプログラムを …

no image

リーダブルコードまとめ

リーダブルコードほぼ読み切ったのでまとめを。チェックリスト化して、常にこれを見ながらコードは書いたほうがよさげ 前半のまとめや参考リンクでみたものとマージします。 Contents1 変数の名称2 コ …

no image

webの仕組み その2 リクエストとレスポンス

クライアント(ブラウザ)はサーバーとの接続を確立した後、各種リクエストを送信します。サーバーはそれにこたえテキストや画像などのリソースをクライアントに転送します(これがレスポンスです。) Firefo …

no image

ファジープロジェクト対策 その1

5月ぐらいから着手していたプロジェクト(顧客管理ソフト)が終焉を迎え、検証段階に入ったので、記して置きたいことなど。 数ヶ月程度ですが、自分が携わったプロジェクトの中では過去最大クラスのものでした。 …