skillup

技術ブログ

プログラミング全般

データ構造の基礎知識 中編 ハッシュ

投稿日:

前回の続きです。

前回は配列、連結リストについて学習したので今回はハッシュについて学習します。

ハッシュとは?

key-value型のデータ構造であり、以下のような特徴を持ちます。

  • 引数を1つ与えると数値の戻り値を1つ返す
  • 同じ引数を与えた場合は必ず同じ値を返す
  • 別の引数を与えた場合はなるべく違う値を返す(理論上、同じ値をとる可能性がある)

どのようにkeyと値を管理するのか?

  1. あらかじめ配列を用意する
  2. keyを入れるとある数字を返す関数を内部で用意する
  3. keyによって変換された数字(例えば8)と対応する配列の場所(8番目)に値を入れる

ここの説明がわかりやすい
http://wa3.i-3-i.info/word11947.html

ここはかなり専門的
http://tokyo-ct.net/usr/kosaka/for_students/jissen1/akiyojissen1/kougi22.html

メリット

ある値への計算量がO(1)になる※厳密には違うが大体O(1)

デメリット

順番が保持されない

対策としてはkey自体が格納される連結リストを作っておき、順番を保持する。

衝突があり、再計算の必要がある。(リンク参照)

-プログラミング全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

コードの見た目について

リーダブルコード4章。コードの見た目について。 自分は結構注意されますね。多いパターンとしては空白の位置などがいい加減だったり、今はありませんが、以前はコードの末尾にスペースを空けてセミコロンをうつ変 …

no image

オブジェクト指向設計 柔軟なインターフェイス

オブジェクト指向シリーズ。今回はインターフェイスについて。 インターフェイスといっても、implementsを使った実装だけではなく、要はあるクラスが外部の窓口となるときに使うメソッドってことだと思う …

no image

オブジェクト指向 データベース層

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日は主にデータベース層の考え方について。 Contents1 データべース層1.1 要点1.1.1 典型的なダメテーブル設計1.1 …

no image

データ構造の基礎知識 前編 メモリとポインタ、配列と連結リスト

WEB+DB(vol91)で使えそうな連載記事がありますのでブログにメモリます。 テーマはデータ構造です。 Contents1 データ構造とは?2 計算量3 プログラムとメモリ4 配列について4.1 …

no image

短いコードを書く

私が普段コードを書くときに考えていることは常にいかに短くかけるか、ということといかにバグを生み出さないかということです。 基本的にはできるだけ、短くシンプルに書くようにしています。 そうすることであと …