skillup

技術ブログ

JavaScript

ケース別JavaScriptライブラリまとめ

投稿日:

Webエンジニアとしてはサーバーサイドのプログラムのみならず、JavaScriptをいじることがおおいでしょう。

私自身、昔はわけがわからず大嫌いだったんですが、最近はデバッグが楽なこともあり、結構愛しています(爆)

JavaScriptに関しては言語自体の知識もそうですが、実務においてはやはりプラグインの知識が重要になってくるかなあ・・と思います。

もちろんすたれていくから知識だけに依存するのは弊害もありますけど、一つのところで覚えた知識の価値はゼロになるわけではないので、今まで使ってきた技術の総括は新しいライブラリを覚えるさいにも有効だと思っております。

そこで今回は私がこのブログで書いてきたJavaScriptのライブラリを紹介していこうと思います。

dataTables

http://skill-up-engineering.com/?p=408

スクロール型のページャーのライブラリ。使い方は正直ムズく、私も全てを把握しているわけではないですが、スクロースするだけでページャーが働くタイプのものが以外に少なかったので愛用しています。

ライブラリの名前が一般的すぎて、検索でいらん情報がたくさんでてくるのがメンドイ・・

datePicker

http://skill-up-engineering.com/?p=822

日付をカレンダーで入力できるライブラリ。かなりよく使われてますね。使い方も非常に簡単なのがおすすめ。

sugar.js

http://skill-up-engineering.com/?p=928

JavaScriptのライブラリというとブラウザの一機能を代替するものがおおいですが、こちらは配列系や日付の処理などを補ってくれるもの。ここら辺がJavaSciprtはかなり貧弱なんで愛用しています。

サンプルページがわかりやすいのがグッド。

モーダルウィンドウ、ダイアログ

http://skill-up-engineering.com/?p=1029

モーダルウィンドウ系の処理に関して。

オートコンプリート

http://skill-up-engineering.com/?p=1149

フォーム入力した時点で入力補完機能が働くもの。簡単な奴だとJavaScriptの中に配列をつくってそこから読み込む、みたいなものがおおいんですが、

  • 候補自体をデータベースから取得したい
  • 1変数でなく付加的な情報も出力したい

といった要望に応えられるプラグインがtypeahead。

マルチプルダウン

http://skill-up-engineering.com/?p=1339

http://skill-up-engineering.com/?p=1345

プルダウンで複数選択をする場合に見やすくするプラグイン。

CSV定義などではよく使われていますね・・・

うーん、まとめてみたら大した量はありませんでした(汗)もう少しいろいろと積極的に情報収集していいかも。

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

package.jsonによるタスクの実行

前回の記事でgulpによるタスクの実行を書きましたが、package.jsonでこれを行うこともできます。 てっきり依存ライブラリの記述だけかと思いますしたが、様々なタスクを実行できるようですね。イメ …

no image

クリック編集のjQuery

最近のWEBサービスだと表示の画面と編集画面が同じになっていて、一見表示なんだけど、クリックすると特定の項目は編集できる、そんな画面がふえていきていますよね。 先日社内アプリをつくっていたところ、そう …

no image

Promiseを使った非同期処理

今回はPromiseを使った非同期処理について。 JavaScriptでの非同期処理ですが、処理1、処理2があった場合、よく言われるコールバック地獄になってしまいます。うまく関数化すればそうでもない気 …

no image

Angular複数ファイルでの読み込み

Angularでいろいろな処理を書いているんですが、処理が膨らんでくると1つのファイルに全ての処理を書いていては当然非効率になります。 ざっくり分けると ほとんどの処理に共通な処理を集めたファイル 特 …

no image

JSリンク集+git ブランチ指定 clone

現状の私の課題としてUIに対する意識が甘いということが上げられます。 大昔のサイトで使っているようなわかりにくいUIをそのまま使っているんですよね。 UIといってもいろいろな要素が必要となってきますが …