skillup

技術ブログ

プログラミング全般

読みやすいコードについて

投稿日:

コードリーディングにおいて聖典となっているリーダブルコードについて読んでいこうかと。

ただ読んでいくだけではつまらないので、自分なりの考え方も書いていきます。

優れたコードの定義

まずは優れたコードの定義から。

リーダブルコードでは「読みやすい、理解しやすいコード」って書いてあります。

目的としては当然、保守しやすくするためで「他人が読んでもわかる状態」にすることが大切。ちなみにこの場合の「他人」で最もあり得るのは将来の自分でしょう・・・

少し時間がたつとコードって基本わけがわからなくなるので・・・これには完全に同意。

読みやすいにもいろいろあるかとは思いますが、下記のようなことが大事。

短いコード

自分の場合、一番注意しているのはこれですね。基本的にプログラムは長ければ長いほど理解しにくくなります。なるべく処理ごとに分割して短いコードを目指しましょう。目安としては20~30行以内になるようにしています。

50行を超えるような場合、特別な理由がなければ別メソッドに切り出したほうがよいでしょう。長くしていいのはコントローラー的なメソッドか並列的な処理(switch)が続いた場合のみにしてます。

処理が複雑でない

短くても無理やり1行にしていたりとか、かえってわかりにくくなっているコードは少なくありません。

短くするのは理解しやすくするための手段なので長く書いたほうが理解やすい場合は当然長く書いたほうがよいです。

次回以降もっと具体的に書いていきます。

ちなみにコードに関して参考になった記事を下記に。

http://anopara.net/2014/04/11/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E4%B8%AD%E7%B4%9A%E8%80%85%E3%81%AB%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%BB%E3%81%97%E3%81%84%E8%89%AF%E3%81%84%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89/

 

-プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

調査スキルについて

本日は実務でとても大切な不具合の発見方法について 通常のプログラマとして仕事をしておりますと、通常の実装よりは不具合時の調査のほうが難しいことが多々あります。 もちろんものによるんですが、経験のある人 …

no image

エラーレポーティングサービス Sentryについて

リリースした後、運用段階に入ると定期的にバグ報告が上がってきます。 本来はリリース前に研修テストをすべきなんですが、そんな余裕ないことも多い(汗) で、そんな時に大事なのが エラーを気づけること 対処 …

no image

小〜中規模程度のWEBアプリ作成で気をつけるべきこと

初見の処理系(ライブラリ操作)などは休日などで最小パターンを確認しておくこと。実務で何時間も悩むと非常にストレスがたまる テーブル設計命。あとで終えるようにトレースができるような値を入れておくこと。 …

no image

CIことはじめ

業務でJavaのテキスト変換ツールを作成。 プログラムよりもCIツールを使って他人の環境下で正常に稼動させるためにどうするかの調査に時間かかりましたね。 今回やりたかったことは下記の通りです。いわゆる …

no image

制御フローについて

リーダブルコード 7章。制御フロー(if文などの条件分岐)について ここらへんは個人個人癖がついているとおもいますが、確かに読みやすい、読みにくいというのはあるのでなるべく汎用性のある規則を身につけた …