skillup

技術ブログ

プログラミング全般

変数の役割について

投稿日:

前回のエントリーの主眼は変数を置くことで、適切な情報量に分割し、コードを読みやすくしよう、ということでした。

今回はそれとは少し逆の観点でして、不要な変数を削除して、コードを読みやすくしよう、ということです。

役に立たない変数

ここまで極端な例はなかなかないと思いますが、「式を簡単にする」といったような明確な役割がない変数は意味がないということですね。

リーダブルコードにはもう少しいろいろな例がありますが、意図としては同じです。「式を簡単にする」ような役割のない一時的な変数などは削除しましょう。そのほうが頭を使わずに済むので読み手に負担を与えません。

変数のスコープを縮める

変数というのは同じ役割を果たせるのであればスコープが小さいほうがいいです。スコープが大きいと意図しない動きをしたり、他の変数と思わぬ衝突をする可能性があります。

Javaなどでは変数のスコープなどがPerlやPHPと比べるとやや厳密に設定されています。こういったルールや枠組みがなくてもなるべく変数のスコープは小さくしたほうがよいでしょう。できるだけグローバル変数→クラス内の変数→ローカル変数と右に近づけていくようにしましょう。

変数は使用箇所と近い場所で定義する

これもコードを追うときに頭を使わなくする工夫です。変数が定義される場所と関数が離れるほど処理を追うのに大変になります。できれば使用箇所の直前に置いたほうが良いでしょう。

変数に書き込むのは一度だけにする

変数は場所もそうですが、操作する回数が増えれば増えるほど動きがおいにくくなります。一度だけ変数を設定し、それ以降変更をしない、ということが可能であればそのほうが動きがよいでしょう。const,finalなどイミュータブルにする方法などが言語に組み込まれていればその方法を使いましょう。

-プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ミスを少なくする工夫について

プログラマであればだれもが「いかにバグを少なくするか」に腐心すると思います。 ところが、人間がある以上、バグ(ミス)は絶対にゼロにはなりません。バグ云々以前に、「人間はもともとミスをする生き物だ」とい …

no image

オブジェクト指向 アプリケーション層に関して

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日は主にアプリケーション層(以下AP層)。MVCモデルでいうところのコントローラーに近い?)の考え方について。 Contents1 …

no image

オブジェクト指向について その1

ちょっと最近、仕事でソースの書き方がいい加減になってきたのでオブジェクト指向について考え方を再確認しようと思います。 参考文献 SoftWareDesign 2015年9月号 何も考えずにプログラムを …

no image

エディタatomについて

今までのエディタですが、 gvim eclipse をメインに使ってました(PHPでは)。 エディタとか一旦なれるとなかなか変えにくいのでずっと上記のままでいこうと思ったんですが、今の現場でatomを …

no image

命名規則について

リーダブルコードシリーズ第2段、名称について。 コードにおいては名称がとても大切で、正しい命名づけなどはなかなか難しいです。 以下に大事で重要だと思ったポイントを。 Contents1 具体的でわかり …