skillup

技術ブログ

Database

データ構造の基礎知識 後編 木構造

投稿日:

データベースの学習をしていたときの復習です。

データ構造の基礎知識 前編 メモリとポインタ、配列と連結リスト

データ構造の基礎知識 中編 ハッシュ

今回はもう少し複雑な「木構造」について考えてみます。

木構造とは?

下記のような特徴があります。

  • 要素同士に親子関係がある
  • 親は複数の子を持てる
  • 子から親へ循環して親子関係になることはない

2分木構造

  • 親は0~2個の子供を持つ
  • 大小関係は左の数<親<右の数となる

下記リンクが一番イメージしやすい。

http://tokyo-ct.net/usr/kosaka/for_students/jissen1/akiyojissen1/kougi13.html

メリット

  • キーが常にソート済み
  • 各要素へのアクセスがO(logn)
  • 要素を追加してもハッシュのようなrehashは不要
  • ハッシュと違い、無駄になるメモリがないためメモリ効率が良い

デメリット

  • 偏った木構造(枝が一本のみ)の場合,O(n)になる

そこでこのデメリットを補うために、B木という構造が使われます。

B木

  • 各ノード内では値はソート済みの状態で保存されている
  • 各値の左側から生えている枝からたどれる値はその値よりも小さい値
  • 各値の右側から生えている枝からたどれる値はその値よりも大きい値

参照リンク

http://www.moon.sannet.ne.jp/okahisa/b-tree/

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

DBUtils活用 その2

以前DBUtilsの活用を書きましたが、他の使い方がわかったのでメモ 以前はSelectでList<エンティティ>を取得したのですが、List<Map>でも取得できます。 ソー …

no image

エンティティの抽出と主キー決定

主に設計に関することのメモ。 Contents1 業務フロー分析2 エンティティの抽出3 エンティティの関連付け4 主キーの抽出を行う4.1 主キーの特徴4.2 サロゲートキーのメリット4.3 サロゲ …

no image

SQL基礎 手続き型言語と集合思考の言語

どんな仕事でもそうだと思いますが、長年惰性で使っていると日常の作業はなんとかできてるけど、実は深く理解していない&効率のいいやり方を知らない、ということが結構あります。 私の場合、ちょっと前にCSSを …

no image

NOT EXISTSの利用2

今回もNOT EXISTSの利用です。 前回の問題にプラスアルファし、列が一緒でないと連続でも意味ない仕様にします。 例えば下記のようなテーブルがあるとします。 seat | row_id | sta …

no image

MySQLのユーザー変更+information_schema.columns

MySQLで行うユーザーの作成について

これですが、一つのデータベースに対して行うとhost内のユーザーすべてが切り替わってしまいます …