skillup

技術ブログ

Database

データベースのインデックスについて

投稿日:

今回はデータベースのインデックスに関して。

検索条件を早くする場合、何よりも速度が速くなるのはインデックスを張ることでしょう。

インデックスを張ることは単語を索引順に並べることですので、劇的に速度が向上します。

他にも

  • アプリケーション(プログラム)での変更がなく、エンジニアが意識しなくてよい
  • データ自体には影響を与えない

などのメリットもあります。

デメリットは「索引用の内部データを作成しなければいけないため、更新時に若干時間がかかる」ことかと思いますが、メリットに比べると小さいです。

データベースで使われているインデックスは正確にはB-treeインデックスといわれているものです。

Btreeインデックスに関してはの説明はこちらを参考に。

Btreeインデックスが優れている点としては下記のような点です。

  • すべてのデータに対してだいたい同じ計算量でアクセスできること(長期間の運用では少しずつ崩れていく)
  • データ量nに対し、フルスキャンの計算量はlognであること
  • 長期間の運用による性能劣化が他のインデックスに比べて緩やか
  • データの構造上、統合だけでなく、不等号やBetweenに関しても高速化が利く(逆に否定にはきかない)
  • キーをソートしているため、集約関数、ORDER BY、集合関数に強い

具体的にはインデックスは下記のような場合にはると効果的と言われています。

  • またデータ量nに対して計算量がlognなため、データ量が少ないもの(目安として1万以下のレコード)には効果がない
  • カーディナリティの高いもの(データの種類が多いもの。例:顧客番号。逆にカーディナリティが低いものは性別。2種類しかないため。)
  • SQLで検索条件として使われている

逆にインデックスの効果がないものとしては下記のようなケースです。

インデックス列に対して算術演算を行うとき

インデックス列に対してSQL関数を使うとき

インデックス列に対してIS NULLを使うとき

インデックス列に対して否定形を使うとき

インデックス列に対してORを用いているとき

この場合INを使うほうがインデックスの効果はでます。

後方一致、中間一致のlike

前方一致のみが有効です。

暗黙の型変換

数値⇔文字や文字⇔日付を行った場合、エラーにはなりませんが、インデックスを使用することができません。

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

HAVING句の活用 発展編

今回からはまたまたHAVING句です。 下記のようなテーブル(teams)があり、全員が待機状態のチーム(全員がそろっている)を求めます。 member | team_id | status &#82 …

no image

サロゲートキーに関して

テーブル設計に関してのメモ。 テーブルを作る時にid int not null auto_increment primary keyを自動的に作ることが多いと思いますが、サロゲートキーといい、グレーノ …

no image

joinとeager loading

フレームワークでデータをORMがらみでjoinするときのネタ。 自分の場合はLaravel。他のフレームワークでも考え方は通じるものあるかと・・ Contents1 通常のjoin2 ループの中で取得 …

no image

論理設計のグレーノウハウ サロゲートキー

前回まではアンチパターンやバッドノウハウについて学習してきましたが、今回はグレーノウハウについて特集します。 グレーノウハウとは読んで字のごとくホワイトともブラックとも言えないという手法ですね。 つま …

no image

外部結合 応用編2

引き続き結合についてです。 Contents1 1対Nの結合に関して2 完全外部結合3 差集合(class_aだけに存在するものとclass_bだけに存在するもの)3.1 class_aのみ3.2 c …