skillup

技術ブログ

Database

オプティマイザと実行計画

投稿日:

データベースがSQLを受け取って処理を実行する前には下記のような段階があります。

パーサー

SQL構文のチェックします。これは一般的なプログラムのチェックと同様かと思います。

オプティマイザ

最適なSQL情報を計画します。同じSQLを実行する場合でも複数の経路があるため、カタログマネージャーを参照し、どの経路が最適化を選択します。

カタログマネージャー

統計情報の照会をします。

統計情報というのは具体的には下記のような情報です。

  • 各テーブルのレコード数
  • 各テーブルの列数と列のサイズ
  • 列値のカーディナリティ(値の個数)
  • 列値のデータ分布(どの値がいくつあるかのヒストグラム)
  • 列内のNULLの数
  • インデックス情報

これらによって最適な経路というのは違ってくるため、これらの情報をオプティマイザに伝えます。

大きいデータがあった時にはこの統計情報を更新する必要があるようですね・・・知らなかった・・

ただ、実際には更新せずに「凍結」という状態にすることもあるようです。

テーブルからデータの取得

最適と思われる実行計画にのっとり、データを取得する。

流れでいうと1→(2⇔3)→4となるようです。

参考リンク

http://forse.hatenablog.com/entry/2014/04/11/084454
http://gihyo.jp/dev/serial/01/db-academy/000401

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

MySQLのセキュアな設定

以前SSHの設定についていろいろ書いたんで今回はMySQLに関して。 Contents1 基本的な処方箋(MySQLに限らないかも)2 ホストのアクセスを制限する3 LOCAL INFILEコマンドを …

no image

SQL基礎 ウィンドウ関数

SQLの基礎(主にSELECT)を whereはレコードに対しての集計、havingはレコードの集合に対しての集計 ビューは一時的なselect文なのでサブクエリとほぼ等価 条件分岐で出力項目を変えた …

no image

SQLクエリ比較

クエリの比較 SQLにおいては全く同じ結果を返すのであってもその検索結果が異なるということはよくあります。 例えば下記のようなテーブルがあった場合 co_cd | district —&# …

no image

PostgreSQLについて

本日はポスグレ(PostgreSQL)について。 自分はほとんどMySQLだったので、主にMySQLとの比較について書いていきます。 Contents1 アーキテクチャの違い1.1 MySQL1.2 …

no image

第二、第三の正規化&ER図&Check制約

前回第一正規化を話したので、第二、第三に進んでいきます。 Contents1 第二正規化とは?2 第三正規化とは?3 正規化のメリット4 ER図5 本日のSQLネタ Check制約 第二正規化とは? …