skillup

技術ブログ

UI デザイン

デザイ二ングインターフェイスのまとめ

投稿日:

デザイ二ングインターフェイスを今まで読んで実務にすぐ生かせそうな&ポイントとなりそうな箇所のまとめ

ユーザーを理解する

  • ユーザーが何をしたいか ・・・ 根本的な目的
    ソフトウェアがなければどのように処理をするか、していたかを聴くと代替行動が見えやすい
  • ユーザーはどのようにそれを使うか ・・ 使う場面のイメージ&デバイス適性
    実際にユーザーの動きをみる or ステップごとに追う
  • ユーザーのスキルはどれくらいか ・・ リテラシー(高いor低い)

ユーザーの行動パターン

  • 安全性  失敗しても戻れる 、初期化、後で
  • 空間的省エネ 習慣パターン 情報は少なく(画面に置く情報は少なければ少ないほど) 複雑な操作は分割せよ
  • 操作的省エネ 習慣パターン 即時性(すぐに)  ショートカット機能(最小の操作数で) リピート機能
    ※全体として正常系だけでなくイレギュラー系だったり、その時同時にやっているほかのことにも注目
    アクティビティ図もあると今ユーザーがどういう状態かわかる

ポジショニング(情報の配置)

1回に見せる情報はできるだけ少なく、分類、階層化を行う
  • 1メッセージ、1マーケット、1アウトカム
  • あれもこれも画面を作らず、わける
    NG 顧客のいうことを全部盛り込み気づくと画面が平坦な項目だらけ。
    OK 情報ごとに分けて1ページの入力欄は少しにする。Amazonをみよ!リンクやメニューなども用途後に分ける。アイコンなども文字と比べ見る負担が少ないのでよい。
  • 情報のグルーピングと階層化 一覧と詳細、カンバスとパレット(アクションのグルーピングと操作画面)
  • 情報の絞り込み  ウィザード、オンデマンド、分岐
  • サポート機能 代替表示、ヘルプ的なもの(参照系の情報はホバー時だけにするなどなるべく画面内の情報を絞ることが大切)

ナビゲーション

情報を構造化(グルーピング)し、分かりやすく表示し、少ないステップ数で全体を行き来させる。
  • 全体一覧性 グローバルナビ ハブとスポーク
  • 移動のしやすさ 明快な入口 、ピラミッド、モーダル、避難口
  • 現在位置表示 シーケンス、パンくず 、色分け

単体ページのレイアウト

グルーピングとコントラスト
  • 情報をグルーピングする(単なる情報だけにはなく、近さや強さ、コントラストにも注意。)
  • メインの情報とサブの情報のコントラストを付ける
  • 枝葉末節の情報は段階的、非表示出来るようにする

アクションについて

  • ボタンのグルーピングとコントラスト
  • 安全性に関して キャンセル、プレビュー、プログレス、アンドゥ

フォームの入力形式のチェック項目

なるべくユーザーの頭を使わせない!

  • 寛容な入力形式
  • 穴埋め
  • 入力ヒント
  • 入力プロンプト
  • オートコンプリート
  • ドロップダウン式の選択
  • 画像による選択肢
  • リストビルダー
  • よいディフォルト値
  • 同一ページ内でのエラーメッセージ

ユーザーの基本的な考え方として

  • 読まない、行動しない
  • 頭を使いたくない
  • 混乱した脳はNoという

-UI, デザイン
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

横からスクロール sidrの使い方

携帯サイトの場合、端末のサイズが小さいため、メニューなどはどう縮めてもやはり圧迫してしまいます。 そんなとき、クリックさせてスクロールさせるタイプであれば、場所が狭いことが気になりません。本日はそんな …

no image

情報アーキテクチャの分類

今回は情報の分類に関して。 ようはソフトウェア上に情報をどのように配置するかということについてです。 参考書では情報を大きく4つに分けています。 Contents1 オブジェクトのリスト2 アクション …

no image

flexについて

CSSのflexをちょこちょこ使ってます。 以前下記リンクで超簡単なサンプルは動かしましたが、実践的なことは何もやっていませんでした。 css flexbxについてどんなことができるのか 使って思った …

no image

CSSのレイアウト例 その4 グリッドレイアウト

本日はグリッドレイアウトについて。 このサイトだけ見ても多分、デザインのイメージはわかないと思います(汗) サイトが具体的にどうなっているかを知りたい方は「プロとして恥ずかしくない 新・CSSデザイン …

no image

CSS positionについて

本日はpositionについて。 要素を通常、配置される場所から別の場所に配置させたいような場合positionを使います。 Contents1 positionの使い方1.1 相対配置 relati …