skillup

技術ブログ

Database

DBの構造について メモリとHDD

投稿日:

データベースについてまたまた学習中。

覚えておきたいポイントなど。

  • データを収めておくべき媒体では「記憶コスト(単位金額当たりの容量)」と「アクセス速度」の2つが重要なパラメータ
  • メモリとHDDでは前者はアクセス速度が速く、後者は記憶コストが低い
  • SQLが遅いことの原因はディスクOが大きいことによるため、メモリに存在するデータだけで結果が返せると非常に速い。
  • このようにパフォーマンス向上を目的として、データを保持するメモリをバッファやキャッシュという
  • DBMSがデータを保持するために使うメモリは大きく「データキャッシュ」と「ログバッファ」「ワーキングメモリ」がある。
  • データキャッシュはディスクにあるデータの一部を保持するためのメモリ領域。主に検索系で使用される
  • ログバッジョは更新処理の実行に関連する。更新SQLはすぐに処理を実行するのではなく、一度このログバッファ上に情報をため、あとでまとめて処理を行う。
  • ともにパフォーマンス向上のためにこれらは行われる。データの整合性とパフォーマンスは一般的にトレードオフ。
  • DBMSは検索を目的として作られたシステムなため、一般的にデータキャッシュのほうにメモリがたくさん使われる。
  • ワーキングメモリはソートやハッシュなどで使われる。
  • データベースが実際にクエリを受け取り、検索するまでの流れは下記URLを参考に。
    http://skill-up-engineering.com/?p=1758
  • データ量の検索はフルスキャンとインデックススキャンがあり、前者はデータと検索速度が正比例にあるが、後者は対数関数的になる。

参考文献
SQL実践入門

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

サブクエリ 応用編

本日も引き続きサブクエリです。 前回とちょっと近いですが、下記のような歯抜けのテーブル(sales2)があるとします。 year | sale ——+—&#8212 …

no image

複数GROUP BYでの注意

GROUP BYしたときに件数が増えるという現象があったので一応メモ。というか当たり前のことですが・・・ たとえば以下のようなテーブルがあったとします。 student id student_name …

no image

データベース設計のアンチパターン 複数表結合,大作SQL,Blob型の乱用

データベースのアンチパターンに関して。 以前下記ブログでも書いたんですが設計のスキルに関してもう少し身に着ける必要があるとおもい、チェックします。 論理設計のグレーノウハウ サロゲートキー 論理設計の …

no image

データクレンジング

リレーショナルデータベースでデータを管理する前に、しなくてはいけないことはデータをデータベースに登録できる形に整形することです。 このことをデータクレンジングといいます。 これを行わずに何も考えずにデ …

no image

SQL基礎 手続き型言語と集合思考の言語

どんな仕事でもそうだと思いますが、長年惰性で使っていると日常の作業はなんとかできてるけど、実は深く理解していない&効率のいいやり方を知らない、ということが結構あります。 私の場合、ちょっと前にCSSを …