skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク 未分類

nginx基本

投稿日:

データベースについて勉強していましたが、実務でnginxを触る機会があったので、これを機に勉強。

参考文献

nginx入門

nginx基礎

  • 必要な情報はkey=>valueに近い、ディレクティブといわれる構文で定義される。
    (例 worker_process 1)
  • includeというディレクティブで他の設定ファイル(多くは子供に相当するファイル)を読み込むことができる
    (例 include sites/*.conf)
  • あるディレクティブの中だけで有効に機能するディレクティブを定義するには下記のような、ディレクティブブロックを使う
    events{
    worker_process:1024;
    }
    ※親のディレクティブは子供に自動適応される。

コアモジュール

nginxの基本的なディレクティブについて

  • worker_process  同時にこなせるプロセス数。CPUのコアごとに増やしていくのが一般的。autoという設定もある。
  • worker_priority ワーカプロセスの優先度を-20から19まで定義する。数字が大きいほど優先度は低い。ディフォルトはなし。-5以下にしないほうがいい。
  • worker_rlimit_nofile ワーカプロセスが同時に使えるファイルの数を定義 10000が一般的。

httpモジュール

httpアクセスを定義するブロックに関して。

  • http 全てのhttpアクセスに共通の要素をここに書いておく
  • server 特定のホスト名(www.example.com)をnginxに認識させ、独自の設定を持たせる
  • location webサイトの特定の位置に適応が可能

設定ファイルサンプル

ディレクティブ説明

  • listen どのポート番号使用時に設定を有効にするかの判定。httpならば80、httpsなら443が一般的
  • server_name 1つ以上のホストを与え、最初に一致したブロックを選択させる。ワイルドカードなども使用できる
  • client_max_body_size クライアント要求本体サイズの上限。この上限を超えると、HTTPエラー413を変えす
  • access_log/error_log アクセスログ・エラーログのパス

location 要求されたURIとマッチングされるパターンを指定して定義できる。正規表現使用可。/だけの場合はすべてに適用される。

 

 

-サーバー・ネットワーク, 未分類
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

nginxのSSL通信や認証、ログに関して

今回はnginxでSSL通信をする際の注意点など。といっても、それほど難しくないようでSSL通信をするには主に2つだけです。 SSLを利用することを明示 サーバー証明書と秘密鍵を指示する またngin …

no image

composer経由でのpearライブラリのインストール

2018年7月現在、PHPのライブラリはほとんどComposer経由でインストールできるかと思いますが、稀にComposerに対応していないものもあり、その場合、pearから取得してくる必要があります …

no image

composerでのライブラリ登録

今回はPHPのパッケージ管理ツールであるcomposerへのライブラリ登録を。 Contents1 ライブラリの作成2 packagistへの登録3 呼び出す側3.1 composer.json3.2 …

no image

mod_aliasに関して

同一ドメインでパスによってルートディレクトを分けたい時。 この場合、apacheの設定ファイルをいじることになります。 一般的にはhttpd.confではなく*.confと言った設定ファイルを使い、エ …

no image

rewriteディレクティブ

リクエストURIを条件に応じて書き換えたり、リダイレクトする機能を使うときはrewriteを使います。こちら非常によく使う機能です。 具体的な例を見ていきましょう。 [crayon-5bc9000e0 …