skillup

技術ブログ

Database

SQL 集計関数の利用

投稿日:

先日同様、ある程度複雑な問題のSQLに関して。出典はSQL実践入門。

問題 下記のようなテーブル(テーブル名)で

より古い年のデータが存在しない場合 NULL
直近の年のデータより売り上げが伸びた場合:+
直近の年のデータより売り上げが下がった場合:-
直近の年のデータと売り上げが同じ場合:=

company year sale
A 2002 52
A 2004 54
A 2005 84
B 2006 15
B 2001 95
B 2003 23
B 2008 15
C 2001 18
C 2009 32
C 2010 12

難しいのは前回との差分の取り方でしょう・・・サブクエリでゴリゴリやればいけるかもしれませんがかなり難しいでしょう。

こんな時にウィンドウ関数を使えば比較的楽に計算結果を出すことができます。

手順としては

PARTITION BYを使って会社ごとにグルーピングし、年度で並び替え、をするのですが、下記関数で前列との比較ができます。

select列に上記の関数を入れてあげると、去年の売上を出すことができます。

の部分ですが、1行前から1行前の範囲という意味です。(要は直前の1行だけを対象に最大値を求めています。)

これを応用し、下記のように書いてあげれば前年度との変化を書くことができます。

CASE式の中がやや複雑ですが、「今の売上-前期の売上」を書いているだけです。

上記のようなものでも構いませんが、さらにSIGNという関数を使い下記のようにスマートに書けます。

いまさらですがCASE式に関して

一つの値に対してパラメーターだけで分岐させる場合は 下記のように書く。

一般的なプログラミングに近いイメージ。

ただしWHENの中には式も書ける

http://skill-up-engineering.com/?p=1963
http://skill-up-engineering.com/?p=1999

のような例。

 

-Database

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

第二、第三の正規化&ER図&Check制約

前回第一正規化を話したので、第二、第三に進んでいきます。 Contents1 第二正規化とは?2 第三正規化とは?3 正規化のメリット4 ER図5 本日のSQLネタ Check制約 第二正規化とは? …

no image

EXISTSについて

今回はEXISTSについてです。 実務では伝票と明細との検索関連の処理で結構出てきます。 なお、達人に学ぶ~では論理学について少しふれており、この領域を本気で理解する場合は論理学を勉強する必要がありま …

no image

SQL基礎 手続き型言語と集合思考の言語

どんな仕事でもそうだと思いますが、長年惰性で使っていると日常の作業はなんとかできてるけど、実は深く理解していない&効率のいいやり方を知らない、ということが結構あります。 私の場合、ちょっと前にCSSを …

no image

ajaxのasync:falseと複数DBのjoinに関して

本日も小ネタ集です。 Contents1 ajax:false2 複数DBでのJOIN ajax:false ajaxは非同期処理が基本ですが、async:falseとすると同期処理になります。 ただ …

no image

slow-query-logについて

データベースを伴う部分でののチューニングですが、大きく分けると SQLを書き直す インデックスを張りなおす プログラム内部でキャッシュを有効化する 設定ファイルの修正 上記のようなかんじになるのではな …