skillup

技術ブログ

Database

SQL 更新系に関して

投稿日:

SQL実践入門、残り2章になりましたが、いやーむずいっす。

今回は9章を進めていますがSQLはもともと検索を主な用途として発展したため、SELECT文の使用がメインになります。

ですが、UPDATE文などでもSELECTをうまく利用することで効率的なSQLを書くことができます。

例えば下記のようなテーブルがあったとします。

テーブル名 omittbl

keycol | seq | val
———-+—–+—–
A | 1 | 50
A | 2 |
A | 3 |
A | 4 | 70
A | 5 |
A | 6 | 900
B | 1 | 10
B | 2 | 20
B | 3 |
B | 4 | 3
B | 5 |
B | 6 |

紙のデータだと割とよくあるパターンだと思いますが、直前と同じデータがあった場合、省略して書かなかったりします。

例えば A|2 は直前と同じですので値は50 A|5は70になります。

これを埋める場合、サブクエリを使います。

ステップとしては

まずvalがnullののレコードをベースに考え、nullでないseqを求める

これがスタートになります。

こちらを求めたのが下記のSQLです。

出力結果は下記になります。

kara_seq | not_kara_seq
———-+————–
2 | 1
3 | 1
5 | 4
3 | 2
5 | 4
6 | 4

 

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

論理設計のグレーノウハウ サロゲートキー

前回まではアンチパターンやバッドノウハウについて学習してきましたが、今回はグレーノウハウについて特集します。 グレーノウハウとは読んで字のごとくホワイトともブラックとも言えないという手法ですね。 つま …

no image

論理設計のアンチパターン

今回からは論理設計のアンチパターンについて。 やってはいけない設計のパターンですね。これはまわりがやっていると気づかずにやっている可能性があるのでしっかりメモしておきたいです。 Contents1 非 …

no image

サロゲートキーに関して

テーブル設計に関してのメモ。 テーブルを作る時にid int not null auto_increment primary keyを自動的に作ることが多いと思いますが、サロゲートキーといい、グレーノ …

no image

外部結合について 行列変換

今回から外部結合について学習します。 これはCASE式でもやった集合の考え方が大事になってきます。 例えば下記のようなテーブルCoursesとがあるとします。 name | course &#8212 …

no image

日付がらみの処理に関して(MySQL&Java)

MySQL触りだして3年ぐらいたつんですがいまだに整理できないことが多いです。(特に日付がらみ) ちょっとJavaのネタと合わせて整理しておこうかなーと思います。 Contents1 MySQLの日付 …