skillup

技術ブログ

Database

HAVING句について

投稿日:

本日はHAVINGについて。

かろうじて用法はしっており、たまに使うこともありますが、あまりしっかり理解しているとはいえない状況ですので、掘り下げてみようと思います。

WHEREとは違い、抽出した結果に対しての絞り込みを行います。GROUP BYで絞ったあとの抽出などに最適です。

下記のようなテーブル(SeqTbl)があるとします。

seq | name
—–+———-
1 | ディック
2 | アン
3 | ライル
5 | カー
6 | マリー
8 | ベン

番号が歯抜けになっているのがわかるかと思います。歯抜けがあるかどうかは

このSQLで出せます。(歯抜けがなければCOUN(*)すべての列数とMAX(seq)が一緒になります。)

また歯抜けになっているseqを出したい場合は、下記のようなSQLになります。

下記のようなテーブル( graduates)があり最頻値(このケースでいうと20000と10000を求めるとします)

name | income
————+——–
サンプソン | 400000
マイク | 30000
ホワイト | 20000
アーノルド | 20000
スミス | 20000
ロレンス | 15000
ハドソン | 15000
ケント | 10000
ベッカー | 10000
スコット | 10000

考える場合のステップですが、下記のような流れになるかと思います。

  1. まず回数のみのテーブルを考慮
  2. そのテーブルをもとに最大値の算出
  3. その最大値と同様のデータを抽出

1の段階で下記テーブルを作ります。

2の段階(1のテーブルをベースに考えます)

3の段階(これが最終解になります。)

またALLを使った方法でも可能です。

こっちのほうが、わざわざ最大値を絞らなくていいので楽ですね。

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

NOT EXISTSの利用

引き続きNOT EXISTSの利用です。 思った以上に使えますね・・・がムズイ。 今回は下記のようなテーブル(seats)があるとします。 ケースとしては新幹線の座席番号で空は席が空いている状態、占は …

no image

Cakeでのリレーションについて

いまさらながらCakeのリレーションについての復習。 基本から。 Contents1 基本的なリレーション1.1 1対N1.2 N対11.3 動的な紐づけ 基本的なリレーション 下記のようなテーブル構 …

no image

MySQLのマイグレーション(workbench使用)

以前cakePHPにてマイグレーションの手法を紹介したのですが、当然PHP以外をつかっていたり、PHPでもcakeを使っていなければこの方法は通用しません。 何か、汎用的にデータベースの構造の差分がチ …

no image

JavaでのSQLの書き方

ちょっと小ネタです。 通常SQLを記述する場合、縦に分けて書くのが見た目にも見やすく、保守性も高いです。 例として

と書くよりは、 [ …

no image

SQLインジェクション

セキュリティ関係の知識がぬるいのでちょっとお勉強。 知っていることもあるが復習もかねて勉強を。 Contents1 SQLインジェクションとは?2 被害3 対策4 参考サイト・書籍5 ソース SQLイ …