skillup

技術ブログ

Database

外部結合 応用編2

投稿日:

引き続き結合についてです。

1対Nの結合に関して

下記のようなテーブルが2つあり、商品ごとの売上のサマリーを出したいとします。

items
item_no | item
———+——
10 | FD
20 | CD-R
30 | MO
40 | DVD

SalesHistory
sale_date | item_no | quantity
————+———+———-
2007-10-01 | 10 | 4
2007-10-01 | 20 | 10
2007-10-01 | 30 | 3
2007-10-03 | 10 | 32
2007-10-03 | 30 | 12
2007-10-04 | 20 | 22
2007-10-04 | 30 | 7

ここから下記のような表を作ることを考えます。

item_no | item | sum_quant
———+——+———–
30 | MO | 22
20 | CD-R | 32
10 | FD | 36
40 | DVD |

これを作り出すSQLは下記のようになります。

ただしこれは中間テーブル的なものを作っているのでパフォーマンスに若干の問題があります。
この場合、マスタのitemsに明細をつなぎ、あとからグルーピングすれば行数は増えません。

結合は一対一でなくても一対多なら行数は増えない、ということを覚えておきましょう。

完全外部結合

JOINで使うものはほとんどがINNER JOINかLEFT JOINでした。RIGHT JOINに関してはそもそも結合させる側をどちらに持ってくるかで変わってくるため、ほとんどつかいませんでした。

LEFT OUTER JOINですが、使ってませんし、理解もあまりしておりませんでした。これを機にしっかり理解しておこうと思っております。

まずは具体例から見ていきましょう。

下記のような2つのテーブル(class_a,class_b)があるとします。

id | name
—-+——–
1 | 田中
2 | 鈴木
3 | 伊集院

id | name
—-+——–
1 | 田中
2 | 鈴木
4 | 西園寺

id | name | name
—-+——–+——–
1 | 田中 | 田中
2 | 鈴木 | 鈴木
3 | 伊集院 |
4 | | 西園寺

外部結合とはこの場合、class_aとclass_bの和集合を求めていることになります。(ベン図を書くとわかりやすいかも。)

COLALESCEは可変個の引数をとって、NULL出ないものを出力する標準関数です。

また完全外部結合が存在しないデータベースもありますので、その場合はLEFT JOINを使ってUNIONでテーブル同士をつなげます。

次にそれぞれ結合により下記のケースを求めてみましょう。

差集合(class_aだけに存在するものとclass_bだけに存在するもの)

class_aのみ

class_bのみ

片方だけに存在しているものの抽出

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

データベースによるテストデータ作成

テスト環境を作る際に、テストデータを作るのが面倒・・・なんかライブラリでもないかな・・と思っていたんですが、MySQLでいろいろと簡単にできます。 数字 [crayon-5c6f94afdc9d044 …

no image

JPAまとめ

JPAわけわかんねーと思い、触りはじめてから3か月ぐらいたちます。 いまだに細かい部分はよくわかっていないことは多いのですが、全体像というか何となくどういうものかはわかり始めてきたいのでまとめたいと思 …

no image

MySQL.sockファイルに関して

朝出社してテストサーバーを見るといきなりサーバーが動いていないという事態が発生。 MySQLを起動しようとすると

なるメッセージがでて …

no image

jQuery modalダイアログについて&重複時間処理

Contents1 jqueryモーダルダイアログ1.1 あらかじめ読み込むライブラリ1.2 ソース本体1.2.1 Html側1.2.2 Javascript側1.2.3 参考リンク2 重複時間につい …

no image

SQL結合 サブクエリに関して

今回はサブクエリに関してです。 もちろんSQL実践入門を読み進めています。 SQL上ではテーブル、ビュー、サブクエリというのは機能的にはそれほど変わらず主にパフォーマンスの点で違いがでてきます。 以下 …