skillup

技術ブログ

Database

サブクエリ 応用編

投稿日:

本日も引き続きサブクエリです。

前回とちょっと近いですが、下記のような歯抜けのテーブル(sales2)があるとします。

year | sale
——+——
1990 | 50
1992 | 50
1993 | 52
1994 | 55
1997 | 55

これの前回の年(例えば1992なら1990)との売り上げの比較を見てみましょう。

前回より難しいのが前回の年が昨年ではないので、現在の年-1などのような公式は使えません。

そこで対象の年より過去の中で最大の年を求める必要があります。

例えば対象の年が1994年だとしたら1993,1992,1991年の中で最大の年は1993年になります。)このプロセス自体が結構ややこしいです。

まず下記で直近の年を出します。

year | sale | last_year
——+——+———–
1990 | 50 |
1992 | 50 | 1990
1993 | 52 | 1992
1994 | 55 | 1993
1997 | 55 | 1994

このlast year自体を検索に使い、金額を出します。

year | sale | last_year | last_sale
——+——+———–+———–
1990 | 50 | |
1992 | 50 | 1990 | 50
1993 | 52 | 1992 | 50
1994 | 55 | 1993 | 52
1997 | 55 | 1994 | 55

ちなみに自己結合でやると下記のように書けます。最初の年がでません。

WHERE句を理解するのが少し難しいですが、なぜこれで抽出できるのかは実際にテーブルが作られるのをイメージすればわかりやすいかと思います。

ちなみに下記のように自己外部結合を使うと最初の年もでます。

LEFT JOINで最初のテーブルの情報が失われないためです。

これは結構概念的に難しいですね。ONの使い方に注意しておきましょう。

毎度毎度、自己結合は役に立ちますね・・かなり使えると思っているのですが、私は達人に学ぶSQL徹底指南書を読むまでは知りませんでした。

なぜに有益なのに知られていないのでしょうか・・・

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

CASE+HAVING句

今回はCASEとHAVINGを組み合わせて、そこそこの難問を解いていきます。 まず下記のようなテーブル(testresults)があるとします。 student | class | sex | sco …

no image

SQLにおけるナンバリング

本日はナンバリングに関して。 MySQLを使っていますと各テーブルにはid int not null auto_increment primary keyなどと打って主キーを打つことがほぼ習慣になって …

no image

SQL 集計関数の利用

先日同様、ある程度複雑な問題のSQLに関して。出典はSQL実践入門。 問題 下記のようなテーブル(テーブル名)で より古い年のデータが存在しない場合 NULL 直近の年のデータより売り上げが伸びた場合 …

no image

オプティマイザと実行計画

データベースがSQLを受け取って処理を実行する前には下記のような段階があります。 Contents1 パーサー2 オプティマイザ3 カタログマネージャー4 テーブルからデータの取得5 参考リンク パー …

no image

データベースの権限設定

データベースを作成するときに

と入力していますが、ほぼ機械的にこれを売っているのでこれを機にどんな使い方があるのかを調べてみました。 …