skillup

技術ブログ

Database

サブクエリ 応用編

投稿日:

本日も引き続きサブクエリです。

前回とちょっと近いですが、下記のような歯抜けのテーブル(sales2)があるとします。

year | sale
——+——
1990 | 50
1992 | 50
1993 | 52
1994 | 55
1997 | 55

これの前回の年(例えば1992なら1990)との売り上げの比較を見てみましょう。

前回より難しいのが前回の年が昨年ではないので、現在の年-1などのような公式は使えません。

そこで対象の年より過去の中で最大の年を求める必要があります。

例えば対象の年が1994年だとしたら1993,1992,1991年の中で最大の年は1993年になります。)このプロセス自体が結構ややこしいです。

まず下記で直近の年を出します。

year | sale | last_year
——+——+———–
1990 | 50 |
1992 | 50 | 1990
1993 | 52 | 1992
1994 | 55 | 1993
1997 | 55 | 1994

このlast year自体を検索に使い、金額を出します。

year | sale | last_year | last_sale
——+——+———–+———–
1990 | 50 | |
1992 | 50 | 1990 | 50
1993 | 52 | 1992 | 50
1994 | 55 | 1993 | 52
1997 | 55 | 1994 | 55

ちなみに自己結合でやると下記のように書けます。最初の年がでません。

WHERE句を理解するのが少し難しいですが、なぜこれで抽出できるのかは実際にテーブルが作られるのをイメージすればわかりやすいかと思います。

ちなみに下記のように自己外部結合を使うと最初の年もでます。

LEFT JOINで最初のテーブルの情報が失われないためです。

これは結構概念的に難しいですね。ONの使い方に注意しておきましょう。

毎度毎度、自己結合は役に立ちますね・・かなり使えると思っているのですが、私は達人に学ぶSQL徹底指南書を読むまでは知りませんでした。

なぜに有益なのに知られていないのでしょうか・・・

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

SQL基礎 case式について

case式に関して。 集約系の関数では複雑な処理を一気に行うことができる。 case式は1列のみ有効。複数の列に対して行うことはできない。 case ~ when ・・・thenではwhenが評価され …

no image

エンティティの抽出と主キー決定

主に設計に関することのメモ。 Contents1 業務フロー分析2 エンティティの抽出3 エンティティの関連付け4 主キーの抽出を行う4.1 主キーの特徴4.2 サロゲートキーのメリット4.3 サロゲ …

no image

正規化について&EXTRACT

Contents1 正規化とは?2 第一正規化3 SQLネタ EXTRACT 正規化とは? 正確な定義は難しいですが、8割ぐらいあっている定義としては「適切なテーブルに分割すること」です。※ただし正確 …

no image

HAVING句がらみの計算式

「達人に学ぶSQL徹底指南書」読んでますが、かなり難しいものがでてきましたね。 テーブルは前回のものと同じ以下のものを使います。 name | income ————+——– サンプソン | 4000 …

no image

JPAでのデータベースとの同期

このブログでも何回か書いてきたJPAですが、新規レコードをインサートさせた際IDを取得し、そのIDをもとに何らかのキーを作る、そういう処理があったので紹介させていただきます。 何回か書いてますが、JP …