skillup

技術ブログ

Database

集合としてのSQL

投稿日:

今まで何度かSQLが集合ということを扱ってきました。

今回はそれがよくわかる例を。

実務ではあまりないと思うのですが、集合をイメージしやすい例題として、2つのテーブルが全く同じケースを考えます。

下記のような2つのテーブルがあるとします。(tbl_a,tbl_b)

keycol | col_1 | col_2 | col_3
——–+——-+——-+——-
A | 2 | 3 | 4
B | 0 | 7 | 9
C | 5 | 1 | 6

keycol | col_1 | col_2 | col_3
——–+——-+——-+——-
A | 2 | 3 | 4
B | 0 | 7 | 9
C | 5 | 1 | 6

この2つが全く同じかどうかはどう求めればよいのでしょうか。

実はUNIONを使えばOKのようです。

上記のSQLで行数がtbl_a(or tbl_b)とまったく同じになっていればOKです。

UNIONは全く同一の行を削除するからです。

UNIONは集合でいうと和集合を表し、上記の例だと2つの集合が完全に一致します。もし1レコードでも違うものがあれば数は4になります。

ちなみにSQLでは差集合も存在しまして、例えば下記のSQLだとなんのレコードもでてきませんが、もし違いがあればそのレコードが出てきます。

これを使って2つのテーブルが等しいか等しくないかを下記のSQLで判断できます。

ちなみにUNION(和集合)、INTERSECT(共通集合)、EXCEPT(差集合)は下記リンクのページのベン図で見るのが一番わかりやすいかと思います。

http://www.techscore.com/tech/sql/08_01.html/#sql82

集合論を使って問題を解いてみましょう。

例えば下記のようなskillsテーブルがあるとします。

skill
——–
Oracle
UNIX
Java

そして、下記テーブル(empskills)をみて、skillをすべて所有しているメンバーを抽出するにはどうしたらいいか考えてみましょう。

emp | skill
——–+——–
相田 | Oracle
相田 | UNIX
相田 | Java
相田 | C#
神崎 | Oracle
神崎 | UNIX
神崎 | Java
平井 | UNIX
平井 | Oracle
平井 | PHP
平井 | Perl
平井 | C++
若田部 | Perl
渡来 | Oracle

この問題はこのページに「すべての商品を持っている店舗はどれか」という問題と近いですね。というか趣旨自体は全く同じですね。

例えばある個人を特定し、下記のようなSQLを投げた場合、その人物が持っているskillが帰ってきます。これとskillsテーブルを比べて差分がなければすべてのスキルをマスターしているということになります。

例えば相田さんのスキルをskillsテーブルとの差分を取ってみましょう。

この場合結果が返ってきません。つまりレコードが存在していないわけなんですね。この状態が正しい状態です。あとはempを変数化し、NOT EXISTSを使えばいいのです。

答えのSQLは下記のようになります。

イメージ的には以前のリンクの問題よりはわかりやすいかなあと思います。

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

データベースによるテストデータ作成

テスト環境を作る際に、テストデータを作るのが面倒・・・なんかライブラリでもないかな・・と思っていたんですが、MySQLでいろいろと簡単にできます。 数字 [crayon-5b02f68adf4ea56 …

no image

データベースアンチパターン・グレーパターンまとめ

本で勉強したものと自分で個人的に経験したことのまとめ Contents1 値渡しと参照渡しの混同2 型の制約が弱い3 変更していいデータ、していけないデータ4 参照系と履歴系のデータを区別する5 リレ …

no image

EXISTSと集合

前回に引き続きEXISTSの問題です。 下記のようなテーブル(projects)があり、 project_id | step_nbr | status ———&#8 …

no image

NOT EXISTSの利用

引き続きNOT EXISTSの利用です。 思った以上に使えますね・・・がムズイ。 今回は下記のようなテーブル(seats)があるとします。 ケースとしては新幹線の座席番号で空は席が空いている状態、占は …

no image

オブジェクト指向 データベース層

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日は主にデータベース層の考え方について。 Contents1 データべース層1.1 要点1.1.1 典型的なダメテーブル設計1.1 …