skillup

技術ブログ

Database

EXISTSと集合

投稿日:

前回に引き続きEXISTSの問題です。

下記のようなテーブル(projects)があり、

project_id | step_nbr | status
————+———-+——–
AA100 | 0 | 完了
AA100 | 1 | 待機
AA100 | 2 | 待機
B200 | 0 | 待機
B200 | 1 | 待機
CS300 | 0 | 完了
CS300 | 1 | 完了
CS300 | 2 | 待機
CS300 | 3 | 待機
DY400 | 0 | 完了
DY400 | 1 | 完了
DY400 | 2 | 完了

1番まで完了しているproject_idを求めるとします。回答として下記のデータが得られればOKです。

project_id
————
CS300
DY400

※本ではstp_nbr=2が完了しているもの(上記の例でいうとDY400)を除いていましたが、私の場合含めました。

この場合、EXISTSの考え方を使うと下記のようになるでしょう。

この場合も、step_nbrが0と1をともに満たしていないといけないのでEXISTSではなく逆のNOT EXISTSを使います。

なおHAVINGの考えを使って下記のように解くこともできます。こっちのほうがイメージはしやすいかも・・・・

イメージとしては上記のSQLから下記のようなテーブルをイメージしGRUOP BYしてadd_pointの累積を考えます。

project_id | step_nbr | status | add_point
————+———-+——–+———–
AA100 | 0 | 完了 | 1
AA100 | 1 | 待機 | 0
AA100 | 2 | 待機 | 0
B200 | 0 | 待機 | 0
B200 | 1 | 待機 | 0
CS300 | 0 | 完了 | 1
CS300 | 1 | 完了 | 1
CS300 | 2 | 待機 | 0
CS300 | 3 | 待機 | 0
DY400 | 0 | 完了 | 1
DY400 | 1 | 完了 | 1
DY400 | 2 | 完了 | 0

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

アンチパターン 参照渡しと値渡し+キー情報の設定+同一値を複数テーブルに配置+正規化が不十分+集計表+不適切なステータス値

本日は自分がデータベースの設計をしていて気を付かないといけないなーと思った点などを。 注意点としては設計のミスは実装で取り返しにくいことが多いので極力気を付けましょう。あといろいろなテーブルのパターン …

no image

SQLクエリ比較

クエリの比較 SQLにおいては全く同じ結果を返すのであってもその検索結果が異なるということはよくあります。 例えば下記のようなテーブルがあった場合 co_cd | district —&# …

no image

外部結合について 行列変換

今回から外部結合について学習します。 これはCASE式でもやった集合の考え方が大事になってきます。 例えば下記のようなテーブルCoursesとがあるとします。 name | course &#8212 …

no image

データベース設計のアンチパターン リトライ+バッチ分割+バッチの再利用不可

Contents1 リトライ1.1 デメリット1.2 対策2 バッチ分割2.1 デメリット2.2 対策3 バッチ再利用不可3.1 デメリット3.2 対策 リトライ ※OLTP=オンライントランザクショ …

no image

SQL基礎 複雑なSQLの組み方

SQLの本を見ますとかなり複雑なSQLが書かれていることが多いです。 これは頑張っても無理では・・・と思っていましたが、ポイントしては 原則として必ず図に書く まずは問題を細かく分割する 細部から切り …