skillup

技術ブログ

Database

HAVING句の活用 発展編

投稿日:

今回からはまたまたHAVING句です。

下記のようなテーブル(teams)があり、全員が待機状態のチーム(全員がそろっている)を求めます。

member | team_id | status
——————+———+————-
ジョー | 1 | 待機
ケン | 1 | 出動中
ミック | 1 | 待機
カレン | 2 | 出動中
キース | 2 | 休暇
ジャン | 3 | 待機
ハート | 3 | 待機
ディック | 3 | 待機
ベス | 4 | 待機
アレン | 5 | 出動中
ロバート | 5 | 休暇
ケーガン | 5 | 待機

回答は下記のようになります。

team_id
———
4
3

これをNOT EXISTSとHAVINGを使って2パターンで記述する問題なのです。

HAVING

NOT EXISTS

本にも書いてありましたが、私もHAVINGのほうがわかりやすいですね。

CASEとHAINGは見た目がごつい割には理解しやすくフラグ的な扱いができるのでプログラマには向いている気がします。

ちなみにHAVINGを使って下記のように書く回答もありました。

一瞬わからなかったのですが、これはもしteam_id単位で複数のstatusが存在していたら最大と最小が違うという意味なんですね。分かりにくい場合はstatusを数字で考えるとよいと思います。

次は下記のテーブルで拠点ごとに資材のダブりをみるSQLです。

center | receive_date | material
—————–+————–+——————–
東京 | 2007-04-01 | 錫
東京 | 2007-04-12 | 亜鉛
東京 | 2007-05-17 | アルミニウム
東京 | 2007-05-20 | 亜鉛
大阪 | 2007-04-20 | 銅
大阪 | 2007-04-22 | ニッケル
大阪 | 2007-04-29 | 鉛
名古屋 | 2007-03-15 | チタン
名古屋 | 2007-04-01 | 炭素鋼
名古屋 | 2007-04-24 | 炭素鋼
名古屋 | 2007-05-02 | マグネシウム
名古屋 | 2007-05-10 | チタン
福岡 | 2007-05-10 | 亜鉛
福岡 | 2007-05-28 | 錫

下記のレコードが出力されればOKです。

center
—————–
東京
名古屋

これまた回答を見るとなんの変哲もないですが、意外にロジックが考えにくい題材だと思います。

要はダブりがなければ全体の列数とdistinctなmaterialの列数が一緒になるんですね。なのでそうなっていないケースを求めます。

ちなみに下記の書いてあげると全てのcenterのstatusがわかり大変みやすいです。

center | status
—————–+————
大阪 | ダブりなし
東京 | ダブりあり
福岡 | ダブりなし
名古屋 | ダブりあり

ちなみにEXISTSでもいけます。こちらだとダブっている素材もわかりますね。

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

HAVING句について NULL時の動き

HAVING句のNULLがあった時の挙動にたいしてメモリます。 COUNTの処理 対象上の列数を数えるのにCOUNTを使うと思いますが、COUNT(*)とCOUNT(列名)では動きが若干違っており、前 …

no image

MySQLのセキュアな設定

以前SSHの設定についていろいろ書いたんで今回はMySQLに関して。 Contents1 基本的な処方箋(MySQLに限らないかも)2 ホストのアクセスを制限する3 LOCAL INFILEコマンドを …

no image

SQL基礎 case&groupbyの活用について

主に集計タイプの計算で大活躍するgroupbyについて。 主な用途は集計とカット。特にcase式と連動した集計はかなり使える 例 nameとageで構成されたテーブルがあるとして、年代ごとの人数を出し …

no image

アンチパターン 連鎖倒産+エラー監視+データのバックアップ

本日は主にインフラの設計的なことに関して。 Contents1 連鎖倒産1.1 デメリット1.2 対策2 エラー監視2.1 デメリット2.2 対策3 データのバックアップ体制3.1 デメリット3.2 …

no image

cakePHPでのマイグレーション

開発を続けているとデータベースのカラムの構造が変更するってことはしょっちゅうですが、管理がいい加減だとメンバー間でテーブルの構造が変わっていたり、本番と開発で違ってくるなどのトラブルが続出します。 そ …