skillup

技術ブログ

Database

CASE+HAVING句

投稿日:

今回はCASEとHAVINGを組み合わせて、そこそこの難問を解いていきます。

まず下記のようなテーブル(testresults)があるとします。

student | class | sex | score
————–+——-+—–+——-
001 | A | 男 | 100
002 | A | 女 | 100
003 | A | 女 | 49
004 | A | 男 | 30
005 | B | 女 | 100
006 | B | 男 | 92
007 | B | 男 | 80
008 | B | 男 | 80
009 | B | 女 | 10
010 | C | 男 | 92
011 | C | 男 | 80
012 | C | 女 | 21
013 | D | 女 | 100
014 | D | 女 | 0
015 | D | 女 | 0

下記3題をCASEフラグとHAVINGで求めていきます。

コツとしては下記のようなことがあげられます。

  • 特定条件のの生徒をCASEで条件分岐させてフラグを立てる
  • さらにそれのSUMをとり、全体数と比較し、HAVINGで合致しているものを出力
  • SQLは割り算が整数になってしまうなどに注意。

なお下記SQLではSELECTの列で計算式をかいていますが、ここは書かなくてもOKです。(私が途中計算するうえでの確かめのために出してます。)

問題1
クラスの75%以上が80点以上のクラスを求めよ

答えはクラスBですが、

問題2
50点以上を取った生徒のうち、男子の数が女子の数よりも多いクラスを求めよ

クラスBとクラスCが該当。

第3問

女子の平均点が、男子の平均点より高いクラスを選択せよ。

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

論理設計のアンチパターン

今回からは論理設計のアンチパターンについて。 やってはいけない設計のパターンですね。これはまわりがやっていると気づかずにやっている可能性があるのでしっかりメモしておきたいです。 Contents1 非 …

no image

サブクエリ 分析関数の代替案として

今回は分析関数系のネタです。 以前にも分析関数を少し学習しましたがMySQLにはないので、サブクエリを使い書くことになります。 下記のような入出金講座があるとします。 Accounts prc_dat …

no image

エンティティの抽出と主キー決定

主に設計に関することのメモ。 Contents1 業務フロー分析2 エンティティの抽出3 エンティティの関連付け4 主キーの抽出を行う4.1 主キーの特徴4.2 サロゲートキーのメリット4.3 サロゲ …

no image

HAVING句について NULL時の動き

HAVING句のNULLがあった時の挙動にたいしてメモリます。 COUNTの処理 対象上の列数を数えるのにCOUNTを使うと思いますが、COUNT(*)とCOUNT(列名)では動きが若干違っており、前 …

no image

herokuでMySQL

昨日に続き、heroku+MySQLのメモです。 herokuはディフォルトではPostgreSQLですが、アドオンを使うとMySQLも使えるようになります。 使い方ですが、herokuの管理画面でク …