skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

Linuxコマンドの総復習

投稿日:

ちょっとスポット的にLinuxコマンドの復習などを。

コマンドの実行

Linuxではコマンドを実行するときに、/binや/usr/binなどに配置されているコマンドの実行ファイルを実行しています。

本来、ファイルを指定する必要があるので本来なら

とうたなくてはいけないところを

だけでOKなのです。これはコマンドが実行されたときにどのディレクトリにあるのかを探して実行する機能が備わっているからです。

どのディレクトリを探すかはあらかじめ設定しておく必要があります。検索対象となるディレクトリの一覧をコマンドのサーチパスといい、後述する環境変数PATHによって指定します。

コマンドのサーチパスがどのようになっているのかを調べたい場合は

このコマンドでわかります。

リダイレクト処理の一覧

コマンド> ファイル

コマンドの実行結果をファイルに書き込む(ファイルを新規作成する)

コマンド<ファイル

ファイルの内容をコマンドに入力する

コマンド>>ファイル

ファイルの実行結果をファイルに追記する(ファイルを更新する)

コマンド 2>ファイル

ファイルにエラーを書き込む。追記の場合は>>にする

コマンド>ファイル 2>&1

ファイルに標準出力とエラーを書き込む(※追記の場合はコマンド直後の>を>>にする)

参考文献

Linuxエンジニア養成読本

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

scpコマンドを使ったサーバー間のファイルのやり取り

あるサーバーのファイルを別サーバーにコピーするとき、大昔はFTPを使っていましたが、現在FTPサーバー自体を立てることがあまりないため、SSHを使ったSCPコマンドでのファイル点を使いました。 Con …

no image

nginxのデバッグ

今までいろいろと苦しめられてきた(汗)nginxのデバッグについて。 まず任意の文字や変数をログに出すことができます。 Contents1 変数の出力1.1 rewriteデバッグ2 小ネタ 変数の出 …

no image

ansible複数アイテム登録&ファイル分割&ログ

引き続きansibleに関して。 Contents1 設定ファイルの書き換え1.1 ini_file1.2 lineinfile2 複数の値の置換3 ファイル分割3.1 ログ修正 設定ファイルの書き換 …

no image

ansible host指定,変数の外だし,ユーザー追加

Ansibleにてhostユーザーやユーザーの追加などす。 Contents1 ホストの指定2 ユーザーの追加2.1 変数を別ファイルに2.2 パスワードのハッシュ化2.3 パスワードなしでsudo2 …

no image

yumとrpmについて

centOSのカーネルのバージョンアップで時間があるのでブログを更新。 redhat系ではソフトウェアをインストールするときにyumかrpmのコマンドを使うと思います。 私も日頃、両方使っているのです …