skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

システム監視の基礎

投稿日:

システム監視のルールがほとんどないので、ちょっと勉強中です。

危険率の判定

今まで一番知りたかったことがこれなんですね。例えばシステムに負荷がかかっている場合、どのパラメーターがどれくらいの数値だったら、というのがあまりわかっていませんでした。

ただ技術書にも「アプリケーションの処理速度とリソースの使用率の関係を論理的に分析することは簡単なことではない」と書かれています。

そこで手法としては下記のような対策が取られることが多いようです。

  1. バッチの処理時間やWebアプリケーションの平均応答時間などアプリケーションの処理速度の指標となるデータを決めて継続的にデータを収集する
  2. 指標のデータに顕著な変化が現れたときに、リソース使用状況のほうに、対応する変化が表れていないか確認する

例 あるアプリケーションの応答時間が3秒以上かかるときはCPUが80%以上を超えているときが多い。

参考文献

プロのためのLinuxシステム構築・運用技術

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

composerでのライブラリ登録

今回はPHPのパッケージ管理ツールであるcomposerへのライブラリ登録を。 Contents1 ライブラリの作成2 packagistへの登録3 呼び出す側3.1 composer.json3.2 …

no image

nginxのlocationディレクティブ内のリダイレクト処理について

nginxのlocationディレクリブ内のリダイレクト処理に関して。 結構長い間携わっていますが、適当に理解していた部分が多かったので再度復習です。 特にドメインのサブディレクトリでサービスを運用し …

no image

vagrant share

実はvagrantを使って仮想環境を一時的ではありますが、webから見ることができます。 1 まずはhttps://atlas.hashicorp.com/account/newにてアカウント登録。そ …

no image

シェル基礎2

シェルコマンド使い始めて数年たちますが、いまだに知らないことはおおいですし、早く知っとけばよかった的なこともたくさんあります。 そんな小ネタ集を alias よく使うコマンドを別名で登録することができ …

no image

監視検知処理に関して

実務で監視のスクリプトを書くことがあったんでメモしときます。 監視検知とは例えばあるディレクリに変化(ファイルの作成・更新・削除など)があった時に、それをトリガーにして何らかの処理を行うと言う仕組みに …