skillup

技術ブログ

プログラミング全般

Excelでのテストデータ作り

投稿日:

ExcelVBAでテストデータを作るときに役に立った関数などを紹介させていただきます。

user_id time
2143 2017/1/16 3:35
6724 2017/1/2 6:05
4528 2017/1/21 9:42
2143 2017/1/19 0:56
6724 2017/1/4 18:34

やりたいことは単純で下記2点です。

user_idをあるマスタから取得し、ランダムでデータを作りたい。

timeにある地点からスタートした一定範囲内の時間をランダムに発生させたい(例えば2017/1/1 から 30日間の時間を任意に作り出す)

user_idは下記マスタより参照します。

user_id
2143
4528
6724

この場合のExcelの関数ですが、user_idには下記関数が入ります。

一定範囲内の乱数の発生のさせ方

INDEX(マスタの範囲,RANDBETWEEN(1,2))

マスタの範囲にはA1:C1などセルの範囲になります。RANDBETWEENは最小値と、最大値を定義してその間で乱数を発生させます上記の例だと1か2になります。

INDEXは対象配列の番号をもとにデータを作成します。例えばINDEX(マスタの範囲,2)であればuser_idマスタの2番目である4528がヒットするという仕組みです。

任意時間の作り方

任意の時間の発生時間ですが、下記の式で作り出すことができます。

RANDBETWEEN(開始日, 終了日)+TIME(RANDBETWEEN(1,24),RANDBETWEEN(1,60),0)

RANDBETWEENは通常の数字だけでなく、時間でも作れます。このままでもTIMEをつけなくてもいいのですが、そうすると時分秒がすべて00:00:00になってしまいます。TIMEは時分秒をいれることで、時間に変換できる関数です。TIME(15,10,0)= PM3:10などと表記してくれます。

この性質を利用し、上記関数を作ると任意の時間を作り出すことができます。

-プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

コードの見た目について

リーダブルコード4章。コードの見た目について。 自分は結構注意されますね。多いパターンとしては空白の位置などがいい加減だったり、今はありませんが、以前はコードの末尾にスペースを空けてセミコロンをうつ変 …

no image

webの仕組み その2 リクエストとレスポンス

クライアント(ブラウザ)はサーバーとの接続を確立した後、各種リクエストを送信します。サーバーはそれにこたえテキストや画像などのリソースをクライアントに転送します(これがレスポンスです。) Firefo …

no image

トランザクショントークンについて

フォーム画面で入力を行うときにはPOSTでデータを受け取ってエラーチェックしたり、データベースに入力をしたりします。 ただその時に何も考えずに安易に送信→受信の際に以下のようなトラブルがあり得ます。 …

no image

読みやすいコードについて

コードリーディングにおいて聖典となっているリーダブルコードについて読んでいこうかと。 ただ読んでいくだけではつまらないので、自分なりの考え方も書いていきます。 Contents1 優れたコードの定義1 …

no image

ExcelVBAでの他のアプリの起動

2日続けてExcelVBA。 やはり細かく分けてすぐにプロシージャごとにテストできるのはものすごく大きなメリットですね。本日は別のアプリ起動と操作に関して。 自分がやったことはWordとメモを起動して …