skillup

技術ブログ

プログラミング全般

Excelでのテストデータ作り

投稿日:

ExcelVBAでテストデータを作るときに役に立った関数などを紹介させていただきます。

user_id time
2143 2017/1/16 3:35
6724 2017/1/2 6:05
4528 2017/1/21 9:42
2143 2017/1/19 0:56
6724 2017/1/4 18:34

やりたいことは単純で下記2点です。

user_idをあるマスタから取得し、ランダムでデータを作りたい。

timeにある地点からスタートした一定範囲内の時間をランダムに発生させたい(例えば2017/1/1 から 30日間の時間を任意に作り出す)

user_idは下記マスタより参照します。

user_id
2143
4528
6724

この場合のExcelの関数ですが、user_idには下記関数が入ります。

一定範囲内の乱数の発生のさせ方

INDEX(マスタの範囲,RANDBETWEEN(1,2))

マスタの範囲にはA1:C1などセルの範囲になります。RANDBETWEENは最小値と、最大値を定義してその間で乱数を発生させます上記の例だと1か2になります。

INDEXは対象配列の番号をもとにデータを作成します。例えばINDEX(マスタの範囲,2)であればuser_idマスタの2番目である4528がヒットするという仕組みです。

任意時間の作り方

任意の時間の発生時間ですが、下記の式で作り出すことができます。

RANDBETWEEN(開始日, 終了日)+TIME(RANDBETWEEN(1,24),RANDBETWEEN(1,60),0)

RANDBETWEENは通常の数字だけでなく、時間でも作れます。このままでもTIMEをつけなくてもいいのですが、そうすると時分秒がすべて00:00:00になってしまいます。TIMEは時分秒をいれることで、時間に変換できる関数です。TIME(15,10,0)= PM3:10などと表記してくれます。

この性質を利用し、上記関数を作ると任意の時間を作り出すことができます。

-プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

設定ファイルの置き場所

一般的にレベルの高いソースとは保守性が高いものを指します。特にWEB系ですと仕様変更がしょっちゅうなので変更があったときにいかに少ない工数で対応できるかが大切です。 保守性をあげる工夫はいろいろありま …

no image

ExcelVBAに関して(主にプロシージャ)

いつも半年ごとぐらいに触っていてあまり知識が蓄積しないので(汗)これを機につまづいたところをちょっとメモ。 Contents1 基本2 メモ3 参考リンク 基本 基本的な変数の代入や条件分岐、ループな …

no image

オブジェクト指向 プレゼンテーション層

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日はプレゼンテーション層、いわゆるMVCのViewにあたる部分。 Contents1 プレゼンテーション層の考え方1.1 要点1. …

no image

読みやすいコードについて

コードリーディングにおいて聖典となっているリーダブルコードについて読んでいこうかと。 ただ読んでいくだけではつまらないので、自分なりの考え方も書いていきます。 Contents1 優れたコードの定義1 …

no image

メモリに関して 静的領域、スタック、ヒープなど

実務でメモリの調査をしましたが、肝心のメモリについてほとんどわかっていないのでメモ。 メモリの領域を大きく分けると静的、スタック、ヒープに別れる。 Contents1 静的2 スタック3 ヒープ4 そ …