skillup

技術ブログ

PHP

CakePHP3でのコレクションに関して

投稿日:

プログラミングにおいて基礎となるのは配列、ハッシュの処理とオブジェクト指向の使いこなしです。

配列、ハッシュの処理に関しては自前でメソッドを書いてもよいですが、バグの温床になりやすいので、ライブラリを使うのがもっともよいでしょう。

CakePHPだとすでにコレクション関連のメソッドがそろっていますので、ここから活用できます。

Unitテストのプログラムに書いてあげれば実際のアプリを動かさなくても試せるので非常に楽です。

本来の使い方とは違っていますが・・・

ちなみにファイルパスはアプリのディレクトリのすぐ下/tests/TestCase/Util/SampleUnitTest.php

です。テストの実行は 同じ位置で vendor/bin/phpunit tests/TestCase/Util/SampleUnitTest.phpで行けます。

詳しくはここを。

試したのは検索系と集計と抽出タイプなど実務で頻繁に出てくるパターンのものを出しました。

サンプルはすべて以前紹介したunderbar.phpとほぼ同様のパターンですね。

このパターンに限らず関数型のプログラミングになれていればほぼ同じ要領でできるかと思います。

-PHP
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

CakePHP3 リクエストパラメーターの扱いについて

CakePHPのリクエストの扱いについて。 ほとんどのフレームワークですと、HTTPリクエストの扱いに関してはフレームワーク側で実装されていることが多いので、フレームワークを使い始める場合、この部分に …

no image

cakePHPの認証-Authコンポーネント

ひさびさにPHPをやる機会があり、短期での開発だったため、cakePHPを使いました。 以前やったことがあったんですが、もう2年以上たっていますね。 といいつつも昔のソースを見ながらやることで思い出し …

no image

laravelのmigrationに関して

DBのカラムの保守などをする場合のmigrationに関して。 ポツポツ使っていたのですが、しっかりまとめてなかったのでここでまとめて見ようかと思います。 Contents1 カラム定義2 実際の実行 …

no image

xdebugに関して

PHPでお手軽にできるdebugツールとしてxdebugを。 Contents1 利点2 インストール3 参考リンク 利点 var_dumpの結果が非常に見やすい(単純ですがこれが一番大きい理由です。 …

no image

laravelでの名前空間変更

laravelでの名前空間変更について。 laravelでモデルの場所はディフォルトだとapp/直下に作られます。 これをapp/Modelというディレクトリを作ってnamespaceを正常に定義した …