skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

Git+SSH鍵認証

投稿日:

鍵認証をともなったgitのpushやpullについて。

中央リポジトリに公開鍵がおいてあり、リモートリポジトリに秘密鍵を配置します。

ステップとしては以下の2ステップになります。実行時ユーザーのディレクトリに配備することを間違えないようにしましょう。

  1. sshディレクトリに秘密鍵を配置
  2. sshディレクトリにconfigを配置

sshディレクトリに秘密鍵を配置

秘密鍵の配置ですがこれは実行時ユーザーのホームディレクトリに.sshとして作成されていればOKです。

ここに普通に配置します。通常ではid_rsaとなっていることが多いとおもいますが、リネームしてももちろん大丈夫です。

ちなみにパーミッションは400にしておきましょう。

sshディレクトリにconfigを配置

sshでログインした時に常に鍵を見に行くように設定を作っておきます。

configの書き方は以下のようになります。

http://qiita.com/passol78/items/2ad123e39efeb1a5286b

http://qiita.com/0084ken/items/2e4e9ae44ec5e01328f1

ちなみにこれはもちろんgitだけの設定ではなく、通常のsshの設定のためのものです。

ssh ユーザー名ですぐにログインできるようになります。

git

gitの設定変更では下記のようにしてあげましょう。

こうしておけばあとは普通にgit push or git pullで追加するだけです。

-サーバー・ネットワーク
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Vagrantでのフォルダ共有

Contents1 vagrantとホストOSのフォルダの共有2 ネットワークアダプタ設定3 任意のディレクトリをマウント vagrantとホストOSのフォルダの共有 ディフォルトではvagrantは …

no image

25番ポートブロッキング

ほぼ一般常識に属するようなことを知らなかったため、メモ。 先日メールアカウントを開設した際に自分の環境では送信できるのに、他人の環境では送信できないということが発生しました。 最初はoutlookの設 …

no image

ansible localでの使用,sudoに関して

最近継続的に調査しているansibleについて Contents1 local2 sudo local ansibleは通常別のホストに対して行うものですが、 hostsファイルのIPを変更し、以下の …

no image

SSHの鍵認証に関して

SSHの鍵認証についてやり方自体は流れ作業でできていましたが、根本的なところが理解していないので復習。 まずは通常の流れを。 1 クライアント(自分のPC)で公開鍵・秘密鍵を作成。ssh-keygen …

no image

ansible mysql,cronなど

Contents1 ansibleでのMySQlのインストール (CentOS6)2 ansibleのcronインストール3 任意のコマンド4 ansibleオプション ansibleでのMySQlの …