skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク プログラミング全般

OSコマンドインジェクション

投稿日:

OSコマンドインジェクションとは?

OSに対する命令文を不正に紛れ込ませて攻撃させる手法。

被害

  • サーバー内のファイルの閲覧、改ざん、削除
  • 不正なシステム操作
  • 不正なプログラムのダウンロード
  • 他システムへの攻撃

対策

  • シェルを起動できる言語機能の利用を避ける 例 Perlのopen関数など。
  • 使う場合はライブラリを使う、コマンドラインの中に変数を埋め込まないなどの対策をとる。
  • シェルを起動できる言語機能を使用する場合は引数を構成するすべての変数でチェックを行い、許可した処理のみ実行する。

参考リンク

安全なウェブサイトの作り方

http://senmon.cfc.ac.jp/studentreport/report2/OS.html

-サーバー・ネットワーク, プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

オブジェクト指向 アプリケーション間連携(主にWebAPI)

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日はプレゼンテーション層、いわゆるMVCのViewにあたる部分。 Contents1 アプリケーション間連携(主にWEBAPIに関 …

no image

sourceコマンドに関して(Linuxサーバー&MySQL)

Linux上ではコマンドをテキストファイルに記述して、

と入力すると命令を実行してくれます。 シェルスクリプトよりもお手軽に実行できる …

no image

Lambdaでの注意点

前に個人的な学習でLambdaを勉強しましたが、仕事で使う機会があり、気をつけるポイントを再度確認。 以前の学習リンク Amazon SESでの受信→S3→Lambdaでのメール転送 Contents …

no image

DNSの仕組み

本日はDNSについて。 とりあえず要点のみ DNSのざっくりとした仕組み ネットワーク上での住所を決める仕組み。 本来はIPがその役割を果たしている. http://211.111.111.111など …

no image

laravel+vessel

現場のリーダー的な方に進められてVesselというDockerのインストールなどをサポートするツールを触ってみました。 特にlaravelのインストールなどに向いていますが、laravelでなくとも使 …