skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

OSI参照モデル イーサネットとMACアドレス

投稿日:

OSI参照モデルのレイヤー1とレイヤー2で必要不可欠な規格がイーサネットです。

有線ネットワークであればほぼこの規格を採用していると思って間違いないでしょう。

MACアドレスでコンピューターを識別する

イーサネットではMACアドレスという48ビットの識別子を使用利してコンピューターを識別します。

a8:66:7f:04:00:80などの8ビットずつハイフンやコロンで区切って、16進数で表記します。

上位24ビットと下位24ビットで異なる意味をもっており、上記の例の場合、a8:66:7fはベンダーコードと呼ばれ各ベンダーを識別するコードであり、下位04:00:80はベンダー内で割り振られたコードになります。

この組み合わせでそれぞれのMACアドレスは世界で1つだけのものになります。

ちなみに自身のPCのMACアドレスの確認方法はこちら

https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=011954

コンピューターがデータを送信するときは、自分のMACアドレスを送信元MACアドレス、データを送る相手のMACアドレスを宛先MACアドレスとしてヘッダーに入れることによって、フレームにします。

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ansible host指定,変数の外だし,ユーザー追加

Ansibleにてhostユーザーやユーザーの追加などす。 Contents1 ホストの指定2 ユーザーの追加2.1 変数を別ファイルに2.2 パスワードのハッシュ化2.3 パスワードなしでsudo2 …

no image

クロスサイトスクリプティング(XSS)

これまた非常によく聞く攻撃方法ですね。 Contents1 クロスサイトスクリプティングとは?2 被害3 対策 クロスサイトスクリプティングとは? 動的なページの表示生成の際に悪意のあるスクリプトを埋 …

no image

nginxのlocationディレクティブ内のリダイレクト処理について

nginxのlocationディレクリブ内のリダイレクト処理に関して。 結構長い間携わっていますが、適当に理解していた部分が多かったので再度復習です。 特にドメインのサブディレクトリでサービスを運用し …

no image

yumのリポジトリについて

CentOSでは様々なパッケージが用意されていますが、標準で使えるもの以外にもさまざまなリポジトリがあります。 Contents1 リポジトリ一覧2 有効、無効や指定してのインストールについて リポジ …

no image

nginxによる一般的なwebサーバーの構築

今回は一般的なwebサーバーでよく利用するnginxの基本機能を紹介します。 サーバー・インフラ徹底攻略の3章になります。 Contents1 バーチャルホストを利用する1.1 IPアドレスベースのバ …